ここから本文です

サン電子45周年で振り返る、伝説のファミコン2大“クソゲー”

週プレNEWS 9/9(金) 6:00配信

ファミコン全盛時代に数々の名作(迷作!?)を生んだゲームメーカー、サン電子(サンソフト)が今年で45周年を迎える。

【画像】懐かしの元祖クソゲー

そこで、ファミコン全盛期に発売され話題となったゲームの数々を振り返る。まずは伝説の名作『いっき』と『アトランチスの謎』から!

* * *

●元祖クソゲーでも売り上げは100万本超!
『いっき』 (1985年11月28日発売)


“クソゲー”の名づけ親である、みうらじゅん氏が「天下のクソゲー」と評した伝説の作品、それが『いっき』。氏の「農民がひとり、ふたりで戦って、それを一揆っていえるのか(笑)」というツッコミは有名だが、ゲーム内容もツッコミどころ満載だ。
主人公の初期装備「カマ」は近くの敵に向けて8方向に投げられるが、パワーアップアイテム「竹ヤリ」をゲットすると前方向しか攻撃することができなくなり、要するにパワーダウンしてしまうのだ。

元となったアーケード版では「竹ヤリ」の入手で移動スピードが速くなるため一応パワーアップしていたのだが、ファミコン版では容量不足で実現できなかったもよう。

また、小判を集めるとステージクリアになるため、アーケード版では「小判レーダー」がついていたが、ファミコン版は同じく容量不足でレーダーを削ったため、“何をしたらいいかよくわからない”ゲームとなってしまったのだ…。



●驚きのギミック満載! 理不尽ゲーの極み?
『アトランチスの謎』 (1985年11月28日発売)



「あの『スーパーマリオ』を超えた!!」

そんな挑発的なキャッチコピーどおり、開発者がマリオへの対抗心で作り上げた本作。実際、全101面というステージ数では、確かにスーパーマリオを凌駕(りょうが)している!(笑)

その真骨頂はステージワープの方法。基本的にフィールド上の扉から別ステージに行けるのだが、何もない場所で爆弾を爆発させると扉が出現するなど、一切ノーヒントのワープ方法だらけ! 中には自分で仕掛けた爆弾で吹っ飛ぶことでワープしたり、谷底が見えない崖から落下することでワープしたりといった、“自殺プレイ”で別ステージへ行ける場合も…。

また、入った時点で落下して死ぬことが確定するステージもあり、その理不尽極まりないクレイジーな仕様は当時の子供たちに衝撃を与えた。これらはメインの開発者がいたずら好きで、仕掛けや裏技をとことん盛り込もうとした結果なんだとか。



★続編⇒『こだわりと遊び心満載! サン電子のファミコン名作“クソゲー”選12』

(取材・文/昌谷大介[A4studio] (c)SUNSOFT

最終更新:9/13(火) 16:18

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.51
12月5日(月)発売

特別定価470円(税込)

トランプが仕掛ける新条約が鬼すぎ!/アス
トンマーティンCEOを独占直撃!/スマホ
3大キャリアを卒業しよう【グラビア】馬場
ふみか/鈴木ふみ奈/松本愛/三城千咲 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。