ここから本文です

日本にかつてあった「専売」、その歴史を辿る知的空間へ - 日本再発見

ニューズウィーク日本版 9/9(金) 16:30配信

<東京には、限定されたテーマを扱いながらも充実した展示内容を誇り、日本の歴史・文化の一端を垣間見られる魅力的な博物館がたくさんある。まずは「専売」というかつての国策が生んだ、嗜好品と必需品の奇妙な組み合わせ。渋谷区から墨田区に移転し、グレードアップした「たばこと塩の博物館」を紹介する> (写真:3階「世界のたばこ文化」エリアでは、パイプから葉巻、水パイプ、キセルまで世界のさまざまな喫煙具を展示。ほんの一部だが、この写真では右に水パイプ、左にメアシャムパイプなどが見える。これだけ喫煙具が揃った展示はほかでは見られない)

【シリーズ】日本再発見「東京のワンテーマ・ミュージアム」

 1978年の開館以降、35年の長きに渡り渋谷公園通りのランドマークであった「たばこと塩の博物館」が、館内設備の老朽化および収蔵品の増加で収蔵庫や展示室が手狭になったことに伴い、2013年9月に閉館した。

 そして2015年4月、東京スカイツリーにもほど近い墨田区横川に、運営元であるJT(日本たばこ産業)の倉庫の一部を改修し、渋谷時代の2倍ほどの規模を持つ新たな博物館としてリニューアル。その内容も、空間を活かしたダイナミックな展示物の配置や、最新のデジタル技術を採用したコーナーを設けるなどグレードアップし、来館者から好評を博している。

 同館は「たばこと塩の歴史と文化」をテーマとするユニークな博物館だが、これは開館当時はまだ、たばこと塩が日本専売公社(現・日本たばこ産業)の専売品であり、また、たばこの製造専売70周年を記念して設立されたという背景を持つため。しかし、そもそもなぜ、生命を維持するための必需品である塩と、嗜好品であるたばこが同一の公社で専売化されていたのかと、首を傾げる読者も多いのではないか。

 この疑問に対し、「いずれも専売化の条件が整っていたため」と解説するのは、同館学芸員で専売制度を研究する鎮目良文氏だ。その条件とは、市場が寡占化されていること、定量で販売しやすいこと、そして、技術力により商品に差が出ないことの3つ。例えば原料や製法の違いにより多様な種類がある酒類などと違い、当時のたばこ(紙巻たばこ)も塩も、その品質や味に大きな差はなかった。

 これらの専売制度は当時の大蔵省租税局が中心となって確立し、製品は異なるがその仕組み自体は変わらないことから、1904~05年、同省に専売局を設置して一手に担うようになったというわけだ(その後、1949年に日本専売公社へ移管)。

「専売化の目的は、国が製造、販売、流通のすべてを管理し税収を確保すること。塩は生産地が限られるため、製造従事者の同意を得ることで専売化ができ、紙巻たばこは工業製品であったため、有力企業数社による寡占状態が当時形成されていたことから専売制をひくことができた」(鎮目氏)

世界の喫煙具から懐かしの宣伝コピーまで

 リニューアルされた「たばこと塩の博物館」館内は、1階にワークショップルームとミュージアムショップを配置。2階には塩に関する常設展示室「塩の世界」と特別展示室を。3階が「たばこの歴史と文化」の常設展示室とコレクションギャラリー、視聴覚ホール。そして、4階が「図書閲覧室」、5階が休憩に飲食も可能な多目的スペースという構成になっている。

「たばこエリアの目玉は、入り口に展示しているマヤ文明のパレンケ遺跡の『十字の神殿』内陣部分を忠実に再現したレリーフ。これは現地で制作されたもので、なかでも内陣右側の柱に描かれた葉巻状のたばこをくゆらす『たばこを吸う神』は、現時点で煙草に関する最古の資料とされている」と、学芸部広報担当主任の袰地由美子氏は話す。

7世紀末頃に建設されたというメキシコ・パレンケ遺跡「十字の神殿」のレリーフで、右に見えるのが「たばこを吸う神」。博物館のシンボルマークはマヤの絵文書に描かれた神の喫煙図を基にデザインされた



 圧巻は世界の喫煙具が展示された「世界のたばこ文化」エリアだ(冒頭の写真)。豪奢な装飾が施されたパイプ文化が花咲いたヨーロッパをはじめ、イスラム圏特有の喫煙具である水パイプ。そして、戦いか和平かを決める部族会議での重要な儀式に欠かせなかった「平和のパイプ」や、部族の長の権威を誇示するための斧を象った「トマホークパイプ」と、単なる嗜好品には留まらないネイティブ・アメリカンのパイプなど、世界各地の文化が反映され独特の発展を遂げた喫煙具の数々が目を楽しませる。

「なかでも貴重なのは、18世紀前半頃よりヨーロッパで作られ始めた、繊細で優美な彫刻が施されたメアシャム(海泡石)製のパイプ。1873年のウィーン万博に出品された文化価値の高いパイプも展示している」(袰地氏)。

 ユニークなのは「近現代のたばこ文化」エリアに設けられた「たばこメディアウォール」だろう。1898年から現代までの日本のたばこのパッケージやポスターなどが掲示されているが、国威を発揚する戦時下のものから「今日も元気だ たばこがうまい!」といった伝説の名コピー、さらには、近年の環境保護に配慮したポスターなど、それぞれに時代が反映されており興味深い。

「たばこメディアウォール」の下部には、インタラクティブなデジタルライブラリーが。陳列棚内のたばこのパッケージをタッチすると、モニターにその銘柄の情報やポスターなどが表示される

異彩を放つ岩塩製の「キンガ姫」の像

 一方、塩エリアも多彩な展示を行っている。目を引くのが、ポーランドの巨大地下岩塩採掘場「ヴィエリチカ岩塩坑」に祀られる「聖キンガ像」をモチーフにした彫刻だ。岩塩層発見のきっかけとなった、ハンガリー王女でポーランドに嫁いだキンガ姫がモデルだという。

「特別に許可されたヴィエリチカ産の岩塩を使用し、現地の彫刻家や職人により制作されている」(袰地氏)と、実物とは異なるものの、いわば「2体目の本物」。なるほど、その滑らかでいて所々で光を放つ岩塩特有の質感には、どこか神々しさすら感じさせる。

聖キンガ像。像だけでなく、像を納めた祠や床、頭上のシャンデリアもすべて岩塩で作られたとのこと

 また、ウユニ塩湖で切り出された湖塩や大粒の気泡が重なりあったような死海の塩、さらにはメキシコの天日塩に宝石を思わせるイランの岩塩など、世界中から集められた塩の数々。そして、日本の沿岸地で古来より行われてきた入浜式塩田のジオラマや、石川県珠洲市の仁江海岸で揚浜による塩作りを続ける角花家で実際に使われていた釜屋(移築復元)など、興味深い展示が続く。

角花家で実際に使われていた釜屋の移築復元。現在、世界で1年間に作られる塩は約2億8000万トンだが、その多くは岩塩や塩湖など海水以外の塩資源から作られる。日本にはそうした資源がなく、海水からこうした手法により塩を作ってきた



 なお、塩作りを科学する「塩のサイエンス」コーナーでは、結晶化の過程をはじめ、大きさや形状が異なる理由などがわかりやすく解説されており、子供も楽しみながら塩の世界を学ぶことができる。

実は豊富な1800点の浮世絵コレクション

 たばこと塩エリア双方に共通する展示品がある。浮世絵だ。これは同館におけるメインの収蔵品であり、肉筆と版画を合わせ約1800点もの浮世絵をはじめとする絵画資料を収蔵する。

たばこエリアに展示されていた浮世絵(一部)。浮世絵や版本には江戸時代の人々が一服する様子が多く描かれた

 たばこ常設展示室には浮世絵を紹介するエリアがあり、キセルによる喫煙風景やたばこ盆、懐中たばこ入れなどが描かれた作品が。塩浜の様子が描かれた作品が展示されることもある(展示は随時入れ替え)。また、収蔵品のなかには喜多川歌麿が人気の花魁を描いた「花扇」や、東洲斎写楽が四代目松本幸四郎演じる肴屋五郎兵衛を描いた「敵討乗合噺」など、いずれも常設展示ができないが、文化的にも非常に価値のある作品も収蔵されている。

 たばこ、塩の両エリアともに充実かつユニークな展示品で楽しませる「たばこと塩の博物館」。"専売"という政策が存在したからこそ実現した組み合わせであり、また、それゆえにここまで充実した展示品を収蔵できたということは間違いない。この秋、専売制度がもたらした歴史の歩みと文化の発展を辿ってみてはいかがだろう。

たばこと塩の博物館住所:東京都墨田区横川1-16-3開館時間:10~18時休館日:月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)入館料:大人・大学生100円 ※展覧会によって特別料金の場合ありTEL:03-3622-8801https://www.jti.co.jp/Culture/museum

日本再発見

最終更新:9/9(金) 16:30

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・13号
12/ 6発売

460円(税込)