ここから本文です

車線中央維持機能を搭載! スバル・レガシィ改良型は10月3日から発売開始!!

clicccar 9/9(金) 15:30配信

スバル・レガシィ アウトバック/B4が安全性能などをアップ、2016年10月3日より発売されます。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



両モデルに共通する改良ポイントは、車線中央維持機能を追加したこと。あわせて、アクティブレーンキープ機能の作動速度を60km/h以上としています(従来は65km/h以上)。

また、スイッチオンから約10分で38度まで温めるというステアリングヒーターを標準仕様としています。



さらに、アウトバックには専用の新色「オークブラウン・パール」を追加しています。

2.5リッター水平対向4気筒エンジンとリニアトロニック(CVT)を組み合わせたAWDというパワートレインは従来通り。メーカー希望小売価格は、セダンのレガシィB4が293万7600円~315万3600円。SUVのアウトバックは320万7600円~347万7600円となっています(いずれも消費税込)。

(山本晋也)

最終更新:9/9(金) 15:30

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)