ここから本文です

NMB48須藤凜々花の“ゆる過ぎる”冠番組が2年目に突入

Smartザテレビジョン 9/10(土) 0:44配信

NMB48の須藤凜々花が麻雀に挑戦するバラエティ「NMB48須藤凜々花の麻雀ガチバトル! りりぽんのトップ目とったんで!」(CS放送のTBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画)が2年目に突入。同番組では須藤が秋元康と直接対局することを最終目標として、毎回さまざまな芸能人と対局する。

須藤凜々花はプロ雀士の対局や配牌表などを見て勉強しているという

2年目を迎えることについて須藤は「正直、ここまで続くとは思っていなかったです(笑)! 麻雀番組なのにゆるすぎると不安でしたが、逆に軽い気持ちで見られる麻雀番組ってあまりないからよかったのかも。ゲームももちろんですが、麻雀を通して展開するトークにも注目して見てください!! ムツゴロウ先輩(畑正憲)がめちゃくちゃ強いという話を聞いたので、いつか対局してみたいです!」とコメント。

9~10月放送回には、同メンバーの三田麻央、矢倉楓子、林萌々香も出演する。

準レギュラーとして登場している三田は「この1年一緒にいて、凜々花が成長していくのが分かってうれしいかぎり。私もプライベートでゲームの麻雀をするようになりましたが、これからも凜々花のバックアップができればいいですね」と応援。

須藤が負けると、一緒に出演している他のNMB48メンバーも罰ゲームをすることになるのも見どころ。矢倉は「彼女が負けたら罰ゲームがあるんですけど、それを受けるのが先輩だってことを頭に入れながら責任もって頑張ってもらいたいですね(笑)」とプレッシャーをかける一幕も。林は初心者だが「いずれはメンバーみんなでやってみたいですね」と麻雀の面白さに目覚めた様子だった。

最終更新:9/10(土) 0:44

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。