ここから本文です

佐々木蔵之介、次もフカキョンの“夫役”を希望 寺脇康文「知念くんのふんどしになりたい」

エンタメOVO 9/10(土) 17:08配信

 映画『超高速!参勤交代 リターンズ』の初日舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、寺脇康文、知念侑李(Hey!Say!JUMP)、柄本時生、陣内孝則、西村雅彦、本木克英監督が登壇した。

 2014年に公開された『超高速!参勤交代』の続編となる本作は、江戸時代に通常10日はかかる道のりを実質4日で参勤(行き)した磐城国の湯長谷藩の交代(帰り)を描く。

 主演の佐々木は「まさかの続編でした。誰もが次をやるとは思っていなかった。多くの方に応援していただいて、今日を迎えることができました」とあいさつした。

 一方、西村は、鑑賞後のファンに向かって「知念くんの裸に興奮したはずだ!」と演説口調で語ると「その興奮を持ち帰って拡散していただき、ジャニーズさんの力を借りてこの映画を広げましょう。知念さん、ありがとう。バンザイ!」と熱く訴えた。これには知念も「興奮していただいてありがとうございます」と照れ笑いを浮かべるしかなかった。

 会場では「もしパート3が作られるとしたら何役を演じたいか?」という質問も。これに佐々木は「無理難題を言う方もやってみたいので(陣内が演じた幕府側の)信祝さんがいい」としつつも「そう言いながら深田恭子さんとの夫婦のポジションを外すというのは痛いので、一周回って(今と同じ)殿の役で帰ってきます」と答えた。

 深田も「藩の皆さんがいわき弁で盛り上がっているのがうらやましかったので、私は同じお咲でも、急に皆さんからいわき弁がうつったということで、(お話に)参加してみたいなと思います」と同じ役を希望した。

 続いて伊原が「深田恭子さんになって佐々木蔵之介に愛してもらいたい」と意味深にアピールすれば、西村も「お咲の役ですね。佐々木さんと熱い抱擁をしてみたい。愛を語らい合いたい」と熱烈なラブコールを。これには佐々木も「いっぺんはやってみます」とタジタジの様子だった。

 また、寺脇は「知念くんのふんどしになってみたい。頑張って隠したい」と人ではなく物になりたいと回答。知念が「僕は結構動くので大変だと思いますよ」と抵抗するも、寺脇は「腰にしがみつくから大丈夫」とノリノリで返し、会場の笑いを誘った。

最終更新:9/12(月) 16:07

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!