ここから本文です

メダル2個獲得の卓球・水谷隼「球はちゃんと見えてる」

NEWS ポストセブン 9/10(土) 7:00配信

 メダルは金12個、銀8個、銅21個――。リオ五輪で大躍進を果たした日本選手団の中で、ひときわ大きな光を放ったのが、日本男子卓球界初となる銀メダル(男子団体)、銅メダル(個人)と2つのメダルをもたらしたエース、水谷隼(27才)の活躍だった。

「ホントに球は見えてるのって聞かれるんですけど。ちゃんと見えてますよ(笑い)。自分の打った球のスピンの掛け方とコースで、相手が打つ球のスピンとコースがある程度、予測ができますから。もちろんそれは相手も同じで。だから、強い選手、うまい選手との戦いになると、見ている人が驚くほど長いラリーが続くんです」(水谷・以下「」内同)

 打たれたら打ち返し、また打たれたら打ち返す。幅1525mm、長さ2740mm、高さ760mmの卓球台を挟んで展開される、息が詰まるほどの激しいラリー。力と力、技と技が交錯する男子の卓球は、「はじめて見た」という人をぐいっと惹きつけた。

「これまで卓球といえば、スポットライトが当たるのは、愛ちゃん(福原愛)、佳純ちゃん(石川佳純)の女子ばかりで。男だっているんだぞというのを見せたかったので、どうだ!っていう気持ちも、ちょっとだけあります」

 全日本シングルスで8度の優勝。15才10か月で日本代表に選ばれ、常にエースと呼ばれてきた水谷は、“卓球エリート”“優等生”といったイメージで見られてきた。しかしその素顔は、茶目っ気たっぷりで、いたずら小僧のような一面も持っている。

「中学時代、先輩たちが試合ではパンツをはいていないということを聞いて、それからぼくもずっとノーパンです。スースーしていて気持ちいいし、動きやすいし。ポロリとこぼれたらどうするのって言われるんですけど、見られて減るものじゃないし。まぁ、その時はその時で(笑い)」

 こう話した水谷は、メダル獲得後、似ていると話題になったお笑い芸人の波田陽区が、自身のツイッターで、「朝から僕にもたくさんの方々からメッセージをいただきました」と書き込んだ際、すぐさま、「1番似ていたのは10年前ですからぁ~! 残念!! ピークは一緒に過ぎました…斬り」と自身がツイートしたユーモアあふれる画面を嬉しそうに見せてくれた。

撮影/田中智久

※女性セブン2016年9月22日号

最終更新:9/10(土) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。