ここから本文です

育児と仕事…ワーママたちの悩みとは?

R25 9/10(土) 7:00配信

育児と仕事…ワーママたちの悩みとは?

写真:R25 育児と仕事…ワーママたちの悩みとは? より

家事や育児だけでなく、仕事もしているワーキングマザー・通称ワーママ。毎日忙しく、怒涛の毎日を送る彼女たちは、悩みが尽きません。世間のワーママたちは、いったいどんなことに悩んでいるのでしょうか?

休む暇がない!
朝はパパや子どものお弁当&朝ごはん作りでバタバタ。子どもを保育園(幼稚園)まで送っていき、そのまま出勤。やっと仕事が終わったと思えば、子どものお迎えに夕ごはんの準備、食器を洗って、洗濯して、子どもを寝かしつけて、気づけばもう深夜…。

「ゆっくり眠る時間がない!」というワーママは多い様子。また、「1日24時間じゃ足りない」なんて声もチラホラ…。また、時間がないことで、ごはんが手抜きになってしまうワーママも少なくないそう。「もっと時間をかけた料理を食べさせたい」と悔やむ声も散見されました。


子どもが懐かない…
「朝早く出かけ、夜遅くに帰るパパに子どもが懐かない」という男性陣の悲鳴がよく聞こえてきますが、ワーママたちも同じような状況に!?

なかには、パパのほうが帰宅が早い家庭もあるのだとか。ネット上には、「子どものことをパパに任せっきりにしていたら、パパっ子になりすぎて懐かない」というワーママも。パパが家事や育児に積極的で嬉しい一方で、お腹を痛めて産んだ子どもが懐かないというのは寂しいものですよね。


子どもに合わせるのが大変!
子どもは抵抗力が弱く、体調を崩してしまうことも珍しくありません。「朝になって急きょ仕事を休まなくてはいけなくなった」というのは、“ワーママあるある”のようです。また、親としては学校行事に参加してあげたいけれど、仕事と子ども、どちらを優先すべきか悩むというワーママも多い印象。子どもに合わせて、仕事を休まないといけないことを、心苦しく感じるワーママは少なくない?

様々な悩みを抱えながらも、我慢して育児と仕事を両立するのは、“家族のため”ですよね。しかし、ママがカラダを壊してしまっては、元も子もありません。たまには、自分のことを労わる時間も必要ですよ。
(文・明日陽樹/考務店)


記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9/10(土) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。