ここから本文です

かつて結婚と仕事を天秤にかけた美希42歳の「タラレバ」

NEWS ポストセブン 9/10(土) 16:00配信

 40代独身女性は「結婚」をどう考えているのか。彼女たちの本音に迫るこのシリーズ、第1回「41歳、優子の場合」は大きな反響を得た。生涯未婚率が高まる中、平成22年度の国勢調査結果によると、40代独身女性でその後の10年間に結婚した人は、たったの「1%弱」。一方で、いま40代の独身女性の30%強が、「結婚願望がある」と答えている(※)。40代独身女性は結婚を、したくなかったのか、できなかったのか、これからするのか。理想と現実のはざまに揺れる女たちのそれぞれの事情。第2回をお届けする。(※明治安田生活福祉研究所「20~40代の恋愛と結婚」より)

 * * *
■42歳、埼玉県出身・東京都在住、商社勤務、美希の場合

 美希が取材に指定したのは丸の内のオープンカフェ。真夏の18時はまだ明るく、通りをサラリーマンやOLが足早に通り過ぎていく。この街に生きる人はみな忙しい。

「夜なのにカフェでごめんなさい。明日は土曜日でしょ、土曜は早朝から走るので、夜の食事は簡単に済ませるんです。明日は仲間と走るから皇居ですね。平日は家から近い神宮外苑を走ることが多いのですが。マラソンは3年前から始めました。元々体を動かすのは好きですし、ダイエットになりますし、マラソンで各地に行くのも楽しい。これまでに、大きな大会だと沖縄マラソンと大阪マラソン、ホノルルにも出ました。次は北海道と京都を狙っています。そして一番行きたいのは、有名シャトーのワインを飲みながら走るフランス・ボルドーのメドックマラソン!」

 身長171センチ、仕立てのよいパンツスーツをさらりと着こなす美希に会い、元宝塚のトップスター、女優の真琴つばさを思い出した。総合商社からグループ会社に出向中の課長。外見にたがわぬキャリアウーマンだ。マラソン以外にも、ラグビー観戦、料理、英語と趣味は広く、お酒も大好き、今でも朝まで飲むことが少なくないという。

「親に感謝なのですが、私、体力があるんです。暇さえあれば動いていますね」

1/4ページ

最終更新:9/10(土) 17:19

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。