ここから本文です

10月新ドラマ 菅野美穂単独主演は松嶋菜々子サイドの意向大

NEWS ポストセブン 9/10(土) 16:00配信

 撮影がはじまったばかりのドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』(10月14日スタート、TBS系)収録現場で、主演を務める菅野美穂(39才)は緊張した面持ちを見せていた。

「昨年8月の出産でしばらく仕事から遠ざかっていたうえに、4年ぶりの主演ドラマですからね。しかも共演者が松嶋菜々子さん(42才)。新人のような緊張ぶりで、子役の女の子にも“よろしくお願いします”と、敬語で挨拶していました」(ドラマ関係者)

 舞台はとあるタワーマンション。菅野演じる主人公、専業主婦の亜紀は、夫(田中直樹、45才)と2人の子供たちと家族4人でこのマンションに引っ越してきた。しかし、なかなか“タワマン暮らし”のセレブ妻たちになじめない。

 そんなとき、同じマンション内でフラワーアレンジメント教室を開く弓子と出会う。引っ越してきたばかりで意気投合する2人だったが、実は弓子には裏の顔が…その弓子を演じるのが松嶋だ。ドラマのキーマンで「最凶の隣人」だという。

「華やかでありながら暗い影のある難しい役ですから、松嶋さんも気合を入れて役作りをしているみたいですよ。内容だけじゃなく衣装なんかにも“こうしたほうが伝わるんじゃない?”って、積極的に意見もしているんです」(前出・ドラマ関係者)

 当初、同ドラマは菅野と松嶋のW主演というアイディアがあったという。

「女優としての格を考えてもW主演は自然なこと。しかも松嶋さんの夫・反町隆史さん(42才)は菅野さんと同じ事務所で先輩にあたります。それでも菅野さんの単独主演となったのは松嶋さんサイドの配慮が大きかったようです。“変な気遣いで主演にしないでください”と。W主演にすると双方のバランスを取ろうとしてドラマの面白味が薄れてしまうことになる。

 それを危惧して、2番手で構わないということを明確にしたんでしょう。夫の後輩の復帰作に花を持たせたいという気持ちもあったんだと思います。友情出演のような立場を除けば、松嶋さんが2番手で出演するなんて最近ではあり得なかったこと。大きな選択だったと思いますよ」(テレビ局関係者)

 W主演を固辞した理由として現在出演中のドラマ『吉良奈津子』(フジテレビ系)の視聴率が低迷しており、「主演ドラマが2作連続でコケることを恐れた。いわば責任回避の面もあった」(前出・テレビ局関係者)という指摘もあるが、別の大人の事情を口にする関係者もいる。

「このドラマの放送局は大ヒットドラマ『半沢直樹』を作ったTBS。主演は菅野さんの夫の堺雅人さん(42才)でした。今回、菅野さんの主演ドラマとして全面的に盛り上げることで、堺さんにまた出演してもらいたいという思惑もあったのかもしれません」(芸能関係者)

※女性セブン2016年9月22日号

最終更新:9/10(土) 16:00

NEWS ポストセブン