ここから本文です

映画にもなった“わさお”と飼い主・菊谷節子さんの絆「怒って許すの繰り返し」

週刊女性PRIME 9/10(土) 11:21配信

 保健所に送られる寸前だった傷だらけの野良犬を見るに見かねて連れて帰った生き物好きの女性。偶然の出会いが、一家と地域の運命まで変えた! 鰺ヶ沢の名物、焼きイカ屋さんで繰り広げられる“あばれどん”と“犬バカ”の愛情物語――。(人間ドキュメント・菊谷節子さん 最終回)

ブログをきっかけに一躍わさおに脚光が

 そんな心やさしいかあさんのもと、静かに暮らしていたわさおだったが、2008年、一躍、脚光を浴びることに。

 きっかけは鰺ヶ沢名物『イカのカーテン』を見に来た東大生が、わさおをブログで紹介したことだった。

「イカのカーテン越しに、“ワサワサした変な犬”がいたと言うんだ」

 それまで、ライオンに似た風貌からレオという名前だったわさおだったが、東大生ブロガーが“この犬のことを『わさお』と呼ぼう”と紹介したところ、ネット上で話題に。

 評判を聞きつけた『99プラス(日テレ系)』が“ネットで話題のぶさかわ犬(ぶさいくだけれどかわいい)”とわさおを取り上げて放送したところ、言い得て妙な絶妙なネーミングも相まって、一気にブレイクした。本格的なわさお人気の始まりだった。

 2009年には、『現代用語の基礎知識』が“ツイッター”“スーザン・ボイル”と並んで、わさおを紹介。

 同年に、さらに驚くようなことが─。わさおと菊谷さんをモデルに、映画を作りたいとの話が来たのだ! 

 菊谷さんがあのころを思い出し、うっとりした顔で言う。

「やって来た映画会社の人が三船敏郎の世話役だった人なの。いい男でねえ……。

 その人が何回も来て、“わさおは三船敏郎に似てる”と言うんだ。“三船は大根役者だけど、いざ映画に出ると、誰にもまねができない天才的なものがある。それがわさおにもある”って言うんだわ」

 世話役さんの男っぷりと、そんな口説き文句に負けてクランクイン。2011年2月、わさお自身が主演した東映映画『わさお』が地元青森で先行公開された。

 菊谷さんがモデルとなった“菊谷セツ子”役を演じるのは、なんとかつてのアイドルにして大スターの、薬師丸ひろ子だ。

「こんな田舎のさ、こんなばばが育てた犬が映画になんかなると思わないでしょう? もう腰抜かすぐらいびっくりしたわけさ(笑)」

 自らがモデルとなった映画を見たのは、鰺ヶ沢から車で30分ほどかかる、つがる市の映画館。

 バスをチャーターしての、一大ツアーだった。

 その日、かあさんはじめ、きくや商店のスタッフから友人知人、町内の人、はては鰺ヶ沢町の町長までのご一行は、どこか自分と似た面影の人物が次々に登場する映画を、心の底から楽しんだ。

 この不思議な犬は、東北の小さな町の人々を映画の登場人物にし、ひとつにする“かすがい”の役割まで果たしてくれたのだった。

1/3ページ

最終更新:9/10(土) 11:21

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。