ここから本文です

錦織が手にした新たな勲章 「全米オープン・スポーツマンシップ賞」とは

THE ANSWER 9/10(土) 1:13配信

錦織も「最高に名誉なこと」

 テニスの全米オープン男子シングルスでベスト4に進出した錦織圭(日清食品)が新たな勲章を手にした。「全米オープン・スポーツマンシップ賞」だ。

【画像】写真で振り返る錦織圭の今シーズン大会成績

 大会の公式サイトが錦織の受賞を発表した同賞は「エミレーツ航空USオープンシリーズと今大会を通じ、スポーツマン精神において、最高の素晴らしさを体現したプロテニス選手に贈られる」と規定されており、錦織はプレーだけでなく、プロテニスプレーヤーとしての振る舞いでも最高の評価を手にしたことになる。

「スポーツマンシップ賞を獲得することができて、最高に名誉なことです。僕はなるべく冷静を保とうとし、(気持ちの面での)アップダウンを減らすようにしようとしてきました。自分が常に厳しい態度でいることを他の人々に示すことができたことは本当に良かったです」

 そう語ったという錦織。2011年にスタートした同賞はロジャー・フェデラー(スイス)らも選出されている。トロフィーとともに贈られる5000ドルは、錦織の指定するチャリティー団体に寄付されることになる。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:9/10(土) 1:13

THE ANSWER

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。