ここから本文です

誰でも美人になれる!大人気ヘアメイク河北裕介さんの3大メイクルール [VOCE]

講談社 JOSEISHI.NET 9/10(土) 18:00配信

「美人をつくるメイクといえばこの人」といわれる河北裕介さん。そのキモは「バランス」。ほんの少しの調整や工夫で自分の顔がもっと好きになって、もっとキレイに! 河北流の技をここに公開。

河北さんとは?

ヘアメイクアップアーティスト 河北裕介さん

シンプルナチュラルだけど男心をそそるセンシュアルなメイクと、ズバリ鋭い河北語録が評判で、VOCEでも大人気。

「目指すべきは、可愛い顔より色っぽい顔。というのも色っぽい女=自信のある女。大人だったら自信のある女になるほうがずっといい。『さらっとやっときました』みたいに、メイクを着こなせる人が格好いいと思います」

河北ルール1

自分の顔と向き合う。どんな女性になりたいかを考える

「最初に自分の顔をよく見てみよう。長所はどこか欠点はどこか。欠点を理解して、でもそれを隠すのではなく、いいところを生かすことを考える。自分をわかって、削ぎ落としたメイクができる人こそセクシーだと思います」

河北ルール2

自信を持って好きだと思える主役級の一点を決める

「たくさん塗れば塗るほど、その人らしさは消えていくし、がっちりメイクをしている人ほど、自信がなさそうに見える。だから自分が好きだと思うパーツ、主役のパーツ一点を決め、後は潔く引き算が正解。メイクはバランスと考えて」

河北ルール3

少しのことで顔は変わるから微調整を大切にする

「ちょっとの長さや濃さの差でメイクの仕上がりは違ってくる。そこを微調整すれば、誰だって大人っぽく変われるんです。顔を観察して、たとえばパーツが真ん中に寄っていれば、離れて見えるようにするとか、顔が長ければチークを下めにつけるといったふうに調整を」

(撮影:竹内裕二)

最終更新:9/10(土) 18:00

講談社 JOSEISHI.NET

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。