ここから本文です

復活を遂げたマンUの“アフロマン”フェライニ モウと前監督への「恩返し」を誓う

Football ZONE web 9/10(土) 10:07配信

開幕から3試合すべてにフル出場し、中心選手として復活したと言えるパフォーマンス

 昨季限りでマンチェスター・ユナイテッドの監督を解任されたルイス・ファン・ハール氏に恩返しを誓う選手がいる。アフロヘアがトレードマークのベルギー代表MFマルアン・フェライニは、英衛星放送局「スカイ・スポーツ」にジョゼ・モウリーニョ監督に対する驚きとファン・ハール氏への感謝を語っている。

英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

「モウリーニョはここに来た初日に、僕のプレーもポジションも全て知っていると言ったんだ。だから、僕はシンプルに自分のベストをピッチで表現することに集中できる」

 今季から就任したモウリーニョ監督の下、フェライニはリーグ開幕から3試合すべてにフル出場し、3連勝に貢献している。一時期はパフォーマンスを落として批判も浴びていたが、ユナイテッドの中心選手として復活したと言えるパフォーマンスを見せている。

「モウは僕を信頼してくれている。だから僕はピッチでそれを返すだけだ。彼とのトレーニングは面白いよ。毎日、必ず新しいことがあるんだ」

 勝利の味を世界で最も知る男の1人であるモウリーニョ監督から信頼を勝ち取ったフェライニ。その裏には、昨季までチームを率いたファン・ハール氏の存在があると語った。

「ファン・ハールは僕のクオリティーに疑いを持つことなく、自信を与えてくれた。だから、彼に恩返しをしなければいけない」

前監督はベルギーの巨人にとって恩人

 2年間で500億円近い補強費を使いながらも、リーグタイトルもUEFAチャンピオンズリーグのタイトルも奪還できず、ファン・ハール氏には「失敗」の烙印が押された。選手との関係もぎくしゃくしたものになったとも伝えられたが、ベルギーの巨人にとっては恩人であるという。

 トップフォームを取り戻したフェライニは、タイトルを獲得して2人の指揮官に恩返しができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/10(土) 10:47

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。