ここから本文です

“ホスト依存症” ~ 回復への道です --- 田中 紀子

アゴラ 9/10(土) 7:10配信

坂口杏里さんはホスト依存症か?という記事(http://agora-web.jp/archives/2021327.html)を書きましたが、その続きです。

ホスト依存症だった仲間に聞き取り調査をしてわかったことは、ホストにはまってしまうのは、

「私が、この人を助けてあげたい!」
「この人のメンツをたたせてあげたい!」

という共依存的心理なのです。

では、共依存になりやすい我々のような人達と言うのは、
一体どういう人なのでしょう?

息子のギャンブルによる借金を延々と尻拭いしたり、
酒乱の夫から離れられなかったり、
商売で甘言を吐いていることが分かっていながら、
ホストに大金を使ってしまったりといったことが、
何故繰り返されてしまうのでしょう。

私は、自分の体験も含めて、思うのですが、
最大の原因は自分の存在理由が分からない、認められないという、自己肯定感の低さだと思います。
自己肯定感と言うのは、地位や名誉や学歴や家柄とは関係がありません。
自分で自分を愛することができているかが一番の問題です。

自分は自分の情けない所やカッコ悪い所、ずるい所や、臆病だったり、嘘をついていることも良く知っています。

人に好かれようとして、好きでもないものを好きと言ったり、自分が仲間外れにされたくなくて、嫌ってもいない人をいじめたり、嫉妬心から誰かを無視してしまったり、人が離れていかないか不安でたまらず試したくて嘘をついたり、そういう自分って、ちょっと好きになれないですよね。

でも人って大抵の場合、そんな所が多少はあります。
その上で、そんな自分とも上手く付き合うことができるのですが、共依存になってしまう人は、そんな自分を許せない!という完璧主義の人や、自分を嫌い「何故、自分がこの世に生きているか分からない」と、自分で自分を責めることがやめられない人達なのです。

だから問題の多い人が身近にいると、
「自分は役に立つ」という感覚が非常に簡単に得られるので、「ありがとう!」と嬉しそうな顔をされると、「ここには自分の役割がある」と、居場所感が感じられ、自分を差し出すような真似は、苦しいのだけれども、その役割から降りられなくなってしまうのです。

ホストに貢ぎあげ、その借金の返済のためにAVデビューしようとしている坂口杏里さん。
そして、ホストに貢ぎあげ、犯罪にも手を染めた脇坂英理子先生。
どちらも、傍から見れば、華々しく見える経歴でも、本当は、誰かに認めて欲しくて、誰かに必要として欲しくて、その確認行動が止められなかったがゆえに、ホストに入れあげてしまったのかもしれません。

余談ですが、私たちギャン妻(ギャンブラーの妻)の間では「あるあるネタ」がいくつかあるのですが
その中でも共依存の恋愛事情版について書きますね。
若い頃からこんな傾向のある人は要注意です!

・恋人といてもいつも淋しい
・「私のこと好き?」と常に確認せずにはいられない
・少しでも相手の行動が見えなくなると不安でたまらない
・気持ちを確認するために「告白された」などと嘘をついたことがある
・恋人から「重い」と言われたことがある
・恋人に対して、掃除、洗濯、食事作りなど、何から何までやってあげたくなる

どうですか?あなたは大丈夫でしょうか?

さて、ではホスト依存症からどうやって回復していくのでしょうか。
仲間の場合、借金で行き詰まり、多重債務者の相談にのってくれる機関を訪れ、
そこでギャンブルの自助グループを勧められ、繋がってきました。

ホストとギャンブルは違いますが、日本では行動依存のグループは、そう多くはありませんので、ギャンブルに他の行動依存の人が繋がってくるケースはよくあります。

そして、自助グループに通っているうちに、仲間意識が芽生え、そのうち仲間のサポートをするようになり、自分の居場所感ができてきたそうです。するともうホストで心の空白を埋める必要がなくなったのです。

ホスト依存症も、回復の道のりは他の依存症と同じです。
できるだけ自分を嫌いにならないように、正直になり、そして他者を思いやり、寛容さと感謝を身につける。そして他者貢献によって、自分の居場所や存在理由を見つけていくのです。

私を見て貰えば一目瞭然ですが、もちろんだからといって
聖人君子になれ!というのではありません。
自分と折り合いが付けられるようになれば良いのです。

坂口杏里さんは、果たしてAVの世界で居場所が見つかるのかな?
自分で自分を好きでいられるのかな?と気になります。

脇坂英理子先生は、詐欺のお金をお母様が弁償するとおっしゃっていましたが、それは絶対にお勧めしません。
自分を嫌いにならずにいるためには、自分が撒いた種は、自分で責任をとらなくてはなりません。

今すぐに払えなくても、コツコツと自分で返済するべきであり、隠している事があるなら、自分に正直になるべきですね。

ホストに通うことが止められなくなり、大金を使ってしまって悩んでいる方、
また、そんな娘さんの借金の尻拭いで困っている親御さん、
まずは、私たちのような依存症の相談機関につながって見て下さい。

一人で抜け出すことは、なかなか大変です。
まずは同じ問題から抜け出した、仲間を見つけることから始めてみて下さい。
力になりたくてうずうずしている、私たちのような回復者が沢山待っていますから!

編集部より:この記事は、一般社団法人「ギャンブル依存症問題を考える会」代表、田中紀子氏のブログ「in a family way」の2016年9月8日の記事を転載しました(見出し、本文の一部をアゴラ編集部で改稿)。オリジナル原稿をお読みになりたい方は「in a family way」(http://officerico.co.jp/blog/?p=4310)をご覧ください。

田中 紀子

最終更新:9/10(土) 7:10

アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。