ここから本文です

『iPhone 7』を早速ネット予約してみてわかったこと

@DIME 9/10(土) 11:30配信

9月8日未明に発表された新『iPhone 7』が9日16時(ドコモは1分)より予約開始となった。
 そこで、ドコモのホームページから新『iPhone 7 Plus』をインターネット予約してみた。

■16時1分ピッタリに予約が開始したようだ…

 iPhone初の防水・防塵対応、FeliCa対応、ヘッドホンジャックの廃止と、大きな変革を迎えた新『iPhone 7』。一番乗りを目指すべく、予約を行った。

 15時55分あたりから、ドコモのホームページへのアクセスが滞り始めた。みんな一番での予約を狙っているのだろう。
 16時になっても予約の案内が出てこずドキマキしていると、ようやく16時2分にドコモホームページの画面に予約案内が表示された。

 しかし、その後しばらくはサーバーへのアクセスがなかなかできず、ひたすら待ち続ける。

 1分、2分経過…なかなか接続ができない。おそらくau、ソフトバンクのホームページも似たような混雑状態だろう。
 16時5分になってもアクセスできずにいたが、なんとか新『iPhone 7』の予約を案内する画面にたどりついた。

 また、しばらく待ち時間が続く。日本中のiPhoneファンが予約に殺到しているのであろう。iPhone人気もまだまだ健在といったところだろうか。妙なところで納得する。

 つながる気配がないので、アップルのホームページで新『iPhone 7』モデル選びの最終チェックをしてみる。
 今回は新色「ブラック」と「ジェットブラック」が登場した。『iPhone 6s Plus』ユーザーとしては、新色を狙いたいところ。結局カバーをしてしまうので、外装色は正直あまり関係ないのだが、新しモノ好きとしては、「新色」という甘い響きに吸い寄せられてしまう。光沢のある「ジェットブラック」を選ぶことにした。そして容量は128GBのモデルとする。

 16時10分をすぎると、サーバーへのアクセスがまったくできないといっていい状態になる。PCからのアクセスとは別に、iPhone、iPadからも試す。全国のiPhoneファンも似たような状況なんだろう。まぁ、ショップなどへ並ぶことに比べれば、ラクなもの。気長にアクセスを待ち続けることにしよう。

■サーバーへのアクセスがスムースになってきた…

 16時15分ころから、つながりがスムースになってきた。素早く予約をすませてしまおう。
 今回はインターネットで予約してショップで受け取ることにした。そこで、以下の画面から「オンライン(Web)予約し、ドコモショップ・量販店で購入する」を選択する。

 16時20分を過ぎたら、アクセスは快適な状態に。画面の案内に従って、サクサクと予約を進めていく。

 まずは、商品の選択を行う。新『iPhone 7 Plus』、新『iPhone 7』、『iPhone SE』が選べるので、新『iPhone 7 Plus』の「『128GB』を予約する」を選択する。

 次は、カラーの選択。新色のジェットブラックを選ぶ。


続いて、店舗の選択を行う。今回は量販店ではなく、ドコモショップで購入することにする。エリア検索から「東京」を選ぶ。

さらに、店舗一覧が出てくるので、今回は千代田区にある「ドコモショップお茶の水店」を選んだ。

 ここで、「dアカウント」のパスワード確認がされるので、パスワードを入力してログインする。「dアカウント」が複数あるなら、別アカウントもここで選択できる。

 念のため、メールでも予約確認情報が届くので、安心だ。あとは、9月16日(金)の発売を待つばかり。生まれ変わった新『iPhone 7』を楽しみに待つこととしよう。

文/中馬幹弘(ちゅうま・みきひろ)

@DIME編集部

最終更新:9/10(土) 11:30

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。