ここから本文です

この秋注目の“濃い色リップ”で冒険! 赤みが出やすいブルー肌×明るい瞳タイプに似合うリップはコレ

集英社ハピプラニュース 9/10(土) 22:00配信

「MAQUIA」10月号から、この秋おすすめの冒険リップをご紹介。今回は、ブルー肌×明るい茶orソフトな茶の“サマータイプ”の人に似合うオススメ新作リップです。

濃い色リップの画像を見る

◇教えてくれた人◇
イメージアップコーディネーター
矢吹朋子


【ブルー肌】×【明るい茶 or ソフトな黒の瞳】

~サマータイプ~


赤に青みをひとさじ
<<ローズレッド>>

☆YABUKI's ADVICE☆
顔全体に赤みが出やすいサマータイプは、ほんのり青みが入ったローズ系のレッドを選んで。顔の赤みを抑えつつ、肌の透明感がアップ。また、色素の薄い優しい瞳には、みずみずしいツヤのある質感がお似合い。

◆素の唇が透けるシアーベリー
素の唇がうっすら透ける2/5発色だから、鮮やかな色でも自然ななじみ感を実現。華やかさとピュアさを両立。キッカ メスメリック リップスティック 31 ¥3800/カネボウ化粧品

◆使いやすさ抜群のグロス感覚ルージュ
ハッとさせるザクロカラーを、軽やかな透明感とツヤ質感で引き算。2層オイル構造だから、グロスルージュながら、色持ちが優秀。グロスルージュ グレイズ06 ¥3200/イプサ

◆美肌映えする多機能ルージュ
その名の通り、顔色がぐっと明るく。多機能ながらも、目を見張るリーズナブルな価格。エルシア プラチナム顔色アップ ラスティングルージュ RD411 ¥760(編集部調べ)/コーセー

◆可愛げ唇が叶うスイート発色
熟したイチゴのような甘いカラー。ノンパール処方により透明感の高い色づきで唇を満たし、フレッシュな口元に。エクストラ グロウリップスティック EX-01¥4000/SUQQU(限定色)

◆自分だけのローズカラーに
塗った時はライトなローズカラーが、しばらくすると唇の水分に反応して、より深みのあるローズレッドに変化。ケイト カラーセンサーリップティント RS-1¥1400/カネボウ化粧品


女らしさがぐっと増す
<<フューシャベリー>>

☆YABUKI's ADVICE☆
青みを含んだベリーカラーはサマータイプの肌に映える色なので、やや青みの強いベリーカラーに挑戦するのがおすすめ。重すぎないトーンの色を選べば、女らしさがぐっと増すはず。

◆落ち着きのあるベリーが色気を呼ぶ
クリームからスウェードのようなパウダリー質感へと変化するから、塗りやすいのに、にじまず美発色が持続。ポップ リキッド マット06 ¥3200/クリニーク(8/26発売)

◆表情が変わるメタリック質感
角度によって表情チェンジ。ディオール アディクト リップスティック 777 ¥3900/パルファン・クリスチャン・ディオール(限定色)

◆オトナの唇悩みにしっかり対応
ムードのある唇を作る、落ち着きのあるベリーカラー。唇の乾燥や縦ジワ、くすみにも。ジョリ ルージュ ブリラン 27 ¥3500/クラランス

◆唇に華を持たせて、おめかし
ドラマティックな色合い。みずみずしい質感ながら、ピタッと密着し持続。クラシックフィルム グロス 04 ¥2500/RMK Division(限定品)


ほんのりニュアンスが正解
<<サーモンオレンジ>>

☆YABUKI's ADVICE☆
重い発色や赤みの強いオレンジが苦手なサマータイプは、青みがほんのり含まれた淡いサーモンピンクがマッチ。発色の柔らかい色合いを選んで、唇の印象をあえてトーンダウンして。

◆ピンクみと透明感が際立つ愛され色
とろけるような潤いカバー質感で、縦ジワやくすみ、皮ムケなども目立たなく。持ちも秀逸。マキアージュ エッセンスジェルルージュ PK323 ¥2300(編集部調べ)/資生堂

◆おしゃれに決まる、旬オレンジ
サマータイプが気になる赤みを消し、おしゃれ印象に。潤んだ美唇が持続。クラシックフィルム グロス 01 ¥2500/RMK Division(限定品)

◆デート使いにも最適!
キスを誘う、柔らかそうな質感の愛らしい口元に。輪郭を取りやすく、きちんと唇も手のもの。フルキス 521 ¥3400/バーバリー

◆しぼみ唇→ボリューミィ唇に
トリートメント効果に優れた奥行きのある豊かなツヤで、ぷっくり唇に。エクシア ALプライムルージュ OR200 ¥6000/アルビオン(9/18発売)

最終更新:9/10(土) 22:00

集英社ハピプラニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。