ここから本文です

村田諒太&香川照之が語る、ボクシング「怒涛のビッグマッチ」4連発

webスポルティーバ 9/10(土) 18:30配信

9月のボクシング祭り@前編

 2016年9月、世界中のボクシングファンが注目する「待望のビッグマッチ」が次々と行なわれる。

日本のスーパー王者だった内山高志の動向は?

 9月10日(日本時間9月11日)は4階級制覇を目指すローマン・ゴンサレス(ニカラグア・29歳)と、3団体統一ミドル級王者ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン・34歳)が登場。そして9月17日(日本時間9月18日)には実力・人気ともに最高峰のサウス・アルバレス(メキシコ・26歳)、さらに9月24(日本時間9月25日)には3階級王者のホルヘ・リナレス(ベネズエラ・31歳)がリングに上がる。

 まずは9月10日に行なわれる2試合について、ロンドン五輪・金メダリストの村田諒太と、芸能界屈指のボクシング通で知られる俳優の香川照之氏に見どころを語ってもらった。

【WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ】
ローマン・ゴンサレスvs.カルロス・クアドラス

「パウンド・フォー・パウンド(体重差がない想定で全階級を通して最強の選手)」の呼び声高い、“ロマゴン“ことローマン・ゴンサレス。アマチュア時代は87戦無敗を誇り、2005年のプロデビュー後も45戦45勝(38KO)無敗。WBA世界ミニマム級、WBA世界ライトフライ級、WBC世界フライ級を制し、このタイトルマッチで4階級制覇を目指す。

 その相手は2014年5月にWBCスーパーフライ級の王座を奪取後、現在6連続防衛中のカルロス・クアドラス(メキシコ・28歳)。こちらもプロデビュー後は36戦35勝(27KO)無敗1分と、一度も黒星を喫していない。

 ロマゴンの最大の強みについて、村田はこう解説する。

「よどみのない波状攻撃。滑らかに、ずっとつながるような連打ですね。僕らがマネしようとすると、1回止まる“一時停止“があるんですけど、ロマゴンは水が流れるかのように連打が出続けるという強さですね」

 一方、香川は「ローマン・ゴンサレスは本当に誰も止められない状態」と舌を巻く。

「ただ、ウエイトがひとつ上がる(フライ級からスーパーフライ級)ということが一番大きいので、クアドラスの潜在能力も含めて、最近のなかではもっとも拮抗した試合になると思います。

(ロマゴンは以前)ライトフライ級からフライ級に上げたあたりで、ボディワークとステップを緩くしながらも、潜在能力だけで(相手を)寄せつけないというのがあったので、彼がキャリア前半で持っていたような全般的なスピードだったり、パンチのキレだったりというのは、確実に失っていると思います。

 しかし、いろんな選手とやる経験のなかで、『こう打ったらこうだ』という経験値はスピードを失っても上回っている気がするので、そういった意味では、クアドラスは出入りの激しい、1秒たりとも気を抜かない忙しいボクシングをすることによって、何か可能性がある気はします」

1/3ページ

最終更新:9/10(土) 18:30

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。