ここから本文です

香川が代表で足首捻挫、ドルト再開戦は欠場へ。トップ下はライバル・ゲッツェ濃厚

フットボールチャンネル 9/10(土) 9:20配信

香川真司が所属するボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第2節でRBライプツィヒと対戦する。香川は代表で足首を捻挫し、欠場する見込み。代わりに出場するのはドイツ代表の”ライバル”になるようだ。対戦相手のRBライプツィヒはレッドブル社の独自の哲学の下、急成長を遂げている(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

各グループの上位2チームが本大会出場 W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

8年で5部から1部へ。妬み、僻みを集める”金満クラブ”

 “金満クラブ”を打ち砕け。2016年9月10日のブンデスリーガ第2節、ボルシア・ドルトムントはアウェイでRBライプツィヒと戦う。

 すっかり悪名高い?RBライプツィヒ。自社製ドリンクを売りたいだけのコマーシャル・チームだ。そう思っているドイツ人は少なくない。

 09年にレッドブル社が5部SSVマークランシュテットを買収して、RBライプツィヒは新設された。レッドブル社は、言わずと知れたオーストリアの飲料メーカーである。以降は順調に昇格を続け、今季からブンデスリーガ1部に参戦する。豊富な資金力と鮮烈な昇格スピードによって、東ドイツの新興クラブは、“妬みと僻み”を一身に集めているのだ。

 もっとも5月25日付の『シュポルトビルト』誌によれば、レッドブル社のディートリッヒ・マテシッツ社長は、ただ資金力にモノを言わせようとしている訳ではないのだという。「我々の哲学は成果が目的であり、金が目的ではないのだ」

 マテシッツ社長は、若さと才能に投資することが、本質的に意義深いものであると考えている。若き才能と働き続けることで、組織の体質はより良くなっていく。それこそが、”レッドブルの哲学”なのだそうだ。

 この哲学の下、マテシッツ社長はF1で結果を残した。レッドブルはジャガーを買収して05年からF1に参戦する。08年イタリアGPではレッドブル・レーシングのセカンド・チーム、トロ・ロッソ所属のセバスチャン・ベッテルが当時の史上最年少記録で優勝する。

”レッドブルの哲学”をサッカーにも導入

 そしてベッテルは09年にレッドブル・レーシングに移籍すると、10年から13年シーズンにかけて、コンストラクターズ(編集部注:チーム所属ドライバーの年間合計ポイントで争う)4連覇に貢献した。
 
 また今年5月に決勝が行われたスペインGPでは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが、史上最年少で初優勝を飾っている。

 ベッテルとフェルスタッペンという若き才能が、F1で機能した。F1で出来たことが、サッカーで出来ないはずがない。マテシッツ社長はそう考えているのだ。 

 こうした“レッドブルの哲学”の下、ラルフ・ラングニックSDは、平均年齢22.9歳のチームを編成する。20歳のMFティモ・ヴェルナーや22歳のGKマリウス・ミュラーといった“若き才能”を獲得した。熟練のビッグネームは連れてこない。今夏の移籍市場に費やした資金額は50ミリオン・ユーロ。ドルトムントが費やした額(109,75ミリオンユーロ)の、およそ半分である。

 若き才能を土台に、高い位置でのボール奪取と瞬時の切り替えを狙う。最短距離でゴールを目指す。2-2のドローに終わった開幕戦では、アウェイでホッフェンハイムをあわやの所まで追い詰めた。RBライプツィヒのプレー・スタイルは、かつて香川真司がデビューしたユルゲン・クロップ時代のドルトムントに似たところがあるかもしれない。

1/2ページ

最終更新:9/10(土) 11:59

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。