ここから本文です

アレハンドロ・ホドロフスキー日本未公開作品、『ホドロフスキーの虹泥棒』11月12日より公開へ

リアルサウンド 9/10(土) 12:35配信

 アレハンドロ・ホドロフスキー監督作『ホドロフスキーの虹泥棒』が、完成から26年の時を経て、11月12日より日本で公開されることが決定した。

 『ホドロフスキーの虹泥棒』は、『エルトポ』、『ホーリー・マウンテン』のアレハンドロ・ホドロフスキー監督が、アカデミー賞名誉賞受賞者のピーター・オトゥーレ、ゴールデン・グローブ賞主演男優賞受賞者のオマー・シャリーフ、『ロード・オブ・ザ・リング』や『スター・ウォーズ』シリーズに出演するクリストファー・リーの3名を起用し、制作した長編第6作目。自分の飼い犬にしか興味がない風変わりな大富豪・ルドルフ(クリストファー・リー)の遺産をめぐり、甥のメレアーグラ(ピーター・オトゥール)やコソ泥のディマ(オマー・シャリーフ)の数奇な運命を描く。

 本作は、アレハンドロ・ホドロフスキーが英国に呼ばれて監督した初のメジャー資本大作であり、1990年にヨーロッパのみで公開されたもののアメリカや日本では完全未公開であった。しかし、今回、ホドロフスキー監督自らの監修によるディレクターズ・カット版(92分・公開当時は87分)が完成し、日本でも公開されることが決定した。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/12(月) 16:45

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。