ここから本文です

リーガ再開初戦は「疲労考慮」で清武を温存 セビージャ監督「今後100%の状態で貢献を」と期待

Football ZONE web 9/10(土) 12:27配信

ラス・パルマス戦のメンバー18人から外れた清武。一方で新戦力のナスリがデビューも

 日本代表MF清武弘嗣は現地時間10日に行われるリーガ・エスパニョーラ第3節ラス・パルマス戦に出場せず、来週ミッドウィークに開幕するUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ユベントス戦に備えることになった。ラス・パルマス戦のメンバー18人から外れた清武にとっては、ロシア・ワールドカップ(W杯)最終予選タイ戦に続く出番なしとなるが、ホルヘ・サンパオリ監督が会見で「彼は非常に長い旅をした」と語り、疲労を考慮した温存としている。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 国際Aマッチウィークを挟んでのリーガ再開後、セビージャは初戦を本拠地サンチェス・ピスフアンでラス・パルマスを迎え撃つ。リーガと並行して来週からはCLが開幕するため、週2回のペースで試合が進む形になるが、アルゼンチン人指揮官はまず目の前の試合に集中するとしている。

「ラス・パルマスはいい形で昨季を終えたチームだ。それでも勝ち点3を確保したいし、骨のある難しい相手に対して、我々の特徴を生かして良い夜にしたい。何時間ものフライトによる代表招集選手の到着は昨日(9日)で、我々は難しい状況にいる。明日の試合を最高の状況で臨むため、ラス・パルマス戦を優先している」

 移籍市場期限ギリギリで獲得した元フランス代表MFサミール・ナスリについて「プレシーズンやプレミアでの試合に出ていなかったが、加入後よくやっている。同じような形でやってくれれば、明日のデビューも容易だ」と、新戦力の起用を選択肢に入れる。

温存はユベントス戦に向けた指揮官の親心か

 その一方で、サンパオリ監督は清武について次のように話している。

「彼はとても長い旅を強いられて、疲れが残っている。(代表招集されず)こっちで長くトレーニングしていた選手を優先する。とはいえ今後、キヨには100%の状態でチームに貢献してもらわなければならない」

 この言葉通り、ラス・パルマス戦の選手リスト18人には、ナスリやMFガンソ、MFフランコ・バスケス、MFパブロ・サラビアらが名を連ねた一方、清武の名はなかった。清武はW杯最終予選初戦のUAE戦こそ先発したが、6日のタイ戦ではFW原口元気(ヘルタ・ベルリン)に先発を譲る形となり、出番は巡ってこなかった。アジアからスペインへの長距離移動があったとはいえ、タイ戦での疲労はなかっただけに、次節のベンチ外は少々皮肉めいた状況となった。

 それでも来週には、CLグループステージ第1節・ユベントス戦が控えている。セリエA絶対王者との一戦までにコンディションを整えてほしいという指揮官の“親心”であり、清武に対する高い評価の表れなのかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/10(土) 13:14

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ