ここから本文です

アーセナル、ヴェンゲルの“ラストチャンス”へ。浅野ら若手に投資も…優勝争いは険しい道のり【欧州主要クラブ補強診断】

フットボールチャンネル 9/10(土) 10:30配信

現地時間8月31日、欧州主要リーグの移籍市場が締切を迎えた。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの補強はどうだったのだろうか。今回はアーセナルの補強を占う。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

主な移籍一覧

IN
DF ロブ・ホールディング(ボルトン)
DF シュコドラン・ムスタフィ(バレンシア)
DF マテュー・ドゥビュッシー(ボルドー/期限付き移籍から復帰)
MF グラニト・ジャカ(ボルシアMG)
FW ルーカス・ペレス(デポルティボ・ラ・コルーニャ)
FW 浅野拓磨(サンフレッチェ広島)

OUT
DF カラム・チェンバース(ミドルスブラ/期限付き移籍)
MF ジャック・ウィルシャー(ボーンマス/期限付き移籍)
MF イサアク・ヘイデン(ニューカッスル)
MF トマシュ・ロシツキ(スパルタ・プラハ)
MF マテュー・フラミニ(クリスタルパレス)
MF ミケル・アルテタ(現役引退)
FW ジョエル・キャンベル(スポルティングCP)
FW セルジュ・グナブリー(ブレーメン)
FW ウェリントン・シウバ(フルミネンセ)
FW 浅野拓磨(シュトゥットガルト/期限付き移籍)

今シーズンの展望

 アーセン・ヴェンゲル監督にとっては文字通り「ラストチャンス」の1年となる。今季限りで満了する契約を延長するには、プレミアリーグのタイトルを獲得するほかない。14年ぶりの戴冠を実現すればフロントもファンも満場一致で続投を支持するだろう。しかし、そのミッションに失敗した先に見える未来は暗い。

 リーグで唯一20年もの長期政権を築くヴェンゲル監督は、自身の立場が安泰ではないことをようやく悟ったようだ。昨夏の補強はGKのペトル・チェフのみで驚きをもたらしたが、今夏は倹約家らしからぬ積極投資で意中の選手を買い漁った。

 もっとも、トマシュ・ロシツキやマテュー・フラミニ、ミケル・アルテタといった近年のアーセナルの中盤を支えた選手たちが一斉にクラブを去り、シーズン開幕前に守備の要ペア・メルテザッカーの長期離脱が確定するなどの事情があったこともあるが。

 それでも戦力収支が確実にプラスになったとは言い切れない。グラニト・ジャカをはじめとした新戦力のほとんどはプレミアリーグ未経験で、順応にどれほどの時間を要するかも不透明だ。その一方、浅野拓磨やロブ・ホールディングのような将来性への投資も目立った。

 また、新たな得点源として期待されるルーカス・ペレスにも不安が残る。27歳のスペイン人FWはこれまでウクライナやギリシャなど陽の当たらない場所を渡り歩いてきた苦労人で、欧州トップクラスでの実績に乏しい。母国スペインの1部リーグで実績を残したのは昨季の1年間だけで、それまでは特に目立たない“普通”の選手だった。

 昨季の大爆発が偶然だと断じることはできないが、少しリズムを崩して“普通”に戻ってしまうかもしれない、一発屋の可能性を秘めている。結局オリヴィエ・ジルーに頼るとなれば大問題だ。

 今季のアーセナルにはプレミアリーグで上位争いをする実力があることに疑いはないものの、ビッグクラブが軒並み低調だった昨季とは状況が違う。マンチェスター勢の前評判が高く、チェルシーも復活の兆しを見せる。宿敵トッテナムも充実のスカッドで睨みを利かせている。

 そんな中、ヴェンゲル・ガナーズはどこまで優勝争いに食らいつけるか。例年のごとく負傷者に悩まされれば、タイトルどころではなくなってしまう。チャンピオンズリーグの連続出場記録も危ういかもしれない。今季はまさしく崖っぷちからのスタートだ。

1/2ページ

最終更新:9/10(土) 10:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)