ここから本文です

FIFAから補強禁止処分のレアルとアトレチコ バルサのエンリケ監督が「受け止めろ」と一喝

Football ZONE web 9/10(土) 15:40配信

かつてバルサも同様の処分を受けて新規登録ができず、久保ら“金の卵”を手放す羽目に

 バルセロナのルイス・エンリケ監督は、宿敵レアル・マドリードとアトレチコ・マドリードが18歳以下の未成年選手の移籍に関する規定違反でFIFA(国際サッカー連盟)から補強禁止処分を命じられた問題で、かつてバルサも同ペナルティを受けた過去から「受け止めろ」と一喝。異議申し立ての動きを見せる宿敵に対して、悪あがきを止めるようにジャブを放っている。スペイン地元紙「AS」が報じた。

スペイン紙が選ぶ”銀河系軍団”レアルの「今世紀最低の補強10人」

 バルセロナはスペイン以外の国から18歳未満の選手を呼び寄せ、下部組織に入団させるという規定違反で、2014年冬と15年夏にFIFAから補強禁止処分を言い渡された。この期間は補強(選手の新規登録)を許されず、15年夏にアルダ・トゥランやアレイクス・ビダルらが加わったものの、選手登録が可能になる16年1月まで公式戦出場は禁じられていた。

 また、当時バルサの下部組織に所属していたU-16日本代表FW久保建英ら下部組織の外国人選手も公式戦でプレーできず、バルサは見す見す“金の卵”を手放す羽目になったのだ。

 そして今回、マドリードの両強豪が同じ処分を受け、FIFAに対する異議申し立ては却下されている。エンリケ監督は過去の経験を振り返り、記者会見で「彼らはこれを受け止めなければならないだろう。我々のような“達成”をできないことを祈るよ」と語った。

対象の2クラブはCASに異議申し立てか

 バルセロナはFIFAの裁定を不服とし、ローザンヌのスポーツ仲裁裁判所(CAS)に異議を申し立てるも却下されていた。レアルとアトレチコもCASに申し立てる方針とレポートされているが、経験者のエンリケ監督は悪あがきを止めるように助言している。

 昨シーズンのバルサは補強禁止処分のハンデを負いながらも、リーガ、国王杯と2年連続2冠を達成したが、そうした成功がないことを祈ると冗談交じり言い残した。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/10(土) 15:40

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。