ここから本文です

モウリーニョからの“ワイン“を楽しみにするペップ「招待されたら、喜んで」

フットボールチャンネル 9/10(土) 11:10配信

 マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督はマンチェスター・ダービー後の“ワイン“を楽しみにしているようだ。9日、英紙『デイリー・メール』が報じている。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 イングランドでは試合後にホームチームの監督がアウェイチームの監督を監督室に招き、ワインを飲みながら試合の感想を語り合うなど談笑することが文化となっている。この文化は大のワイン好きとして知られる、元マンチェスター・ユナイテッド監督サー・アレックス・ファーガソン氏が始めたと言われている。

 オールド・トラッフォードに乗り込んでマンチェスター・ダービーを戦うシティ。グラウディオラ監督は「もしモウリーニョに誘われたら、喜んでワインを一緒に飲むよ。楽しみにしている」とユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督との談笑を楽しみにしている様子。

 グアルディオラは「モウリーニョのことをとても尊敬している。彼から多くのことを学んだ。ただそれだけのことだ」と両者の関係には問題がないとしている。

 数々の名勝負を繰り広げてきたグアルディオラとモウリーニョ。マンチェスター・ダービー後に仲良く“ワイン“片手に談笑することになるだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:9/10(土) 11:24

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。