ここから本文です

ミラン監督が非情通告! 2戦連続で先発落ちの本田より「スソを好んでいる」

Football ZONE web 9/10(土) 23:48配信

ウディネーゼ戦前日会見でモンテッラ監督が断言 「重要な選手だが…」

 ACミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は11日の本拠地ウディネーゼ戦の前日記者会見に臨み、開幕2試合連続でスタメン落ちで出番のない日本代表MF本田圭佑に対して非情通告を行った。右ウイングの定位置を与えている元U-21スペイン代表MFスソを引き合いに出し、「スソの方が好き」と断言している。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 栄光の背番号10を与えられた本田は、2試合連続でベンチを温めており、昨季途中に「パンキナーロ(ベンチ要員)」とイタリアメディアに命名された苦境に再び陥っている。

 本田自身は日本代表のワールドカップ・アジア最終予選の合宿中に「確かに序列のスタート地点、今までと何が変わったかというと、僕が契約満了に近づいてきている選手ということになってきて低い」と自己分析していた。昨季1得点3アシストという低調なパフォーマンスではなく、残りの契約期間の短さが出場機会減少の理由と主張していた。

 前節ナポリ戦(2-4)でFWエムベイエ・ニアングとMFユライ・クツカが退場処分となり、このウディネーゼ戦は出場停止となっている。フィオレンティーナ監督時代の愛弟子で、移籍市場最終日に獲得したチリ代表MFマティ・フェルナンデスも代表戦で負傷。全治1カ月と診断されている。

 チームがこうした危機的状況となっているなかで、本田はハリルジャパンでの戦いを終えてミランに帰ってきた。日本とタイで1試合ずつを戦い戻ってきた背番号10について、モンテッラ監督は次のように語っている。

チーム内の序列を明確に示す

「個々にコンディションを向上するための練習をしている。代表選手は移動が多いが、特に本田とバッカは、移動に慣れている。準備はできているが、日々体調を見る」

 本田のコンディションは良好だと記者会見で語ったモンテッラ監督だが、本田の評価について質問を受けると、日本代表FWの立場をフォローしつつもチーム内の序列を明確にした。

「コンディションはいい。ミランにとって重要な選手。私はスソを好んでいるが、彼のプレースタイルは重要だ」

 同じ左利きながら、テクニックと攻撃センスに加え、局面打開力を誇るスソが、昨季の本田のポジションだった右ウイングの定位置を奪っている。ナポリ戦では強烈なミドル弾を含む1得点1アシストを記録しており、実力で完全に水を開けている。そしてモンテッラ監督は、スソに対する愛情をはっきりと口にした。

 今季限りで契約満了となる本田は、指揮官からチーム内での明確な序列を示された。6日のタイ戦ではシュツットガルトFW浅野拓磨からの絶好のクロスを空振りするなど試合勘の欠如を露呈していたが、ミランでこのままベンチ要員となるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/11(日) 0:13

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。