ここから本文です

バルサでの功績を賛美。カタルーニャ州の町の道に「クライフ通り」と命名

フットボールチャンネル 9/10(土) 22:57配信

 バルセロナやアヤックスで活躍し、今年の3月に亡くなった元オランダ代表のヨハン・クライフ氏を讃え、カタルーニャ州の町の道が「クライフ通り」と名付けられることになった。10日付の伊紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 クライフ氏は、選手としてバルセロナでリーグ優勝に貢献。そして監督としてリーグ4連覇を達成し、チームをチャンピオンズリーグ制覇に導いた。このように同氏がバルセロナで残したこれらの強い思い出は、未だにバルセロナ一帯で忘れられてはいない。

 そこでクライフ氏の功績が讃えられ、カタルーニャ州にあるバルセロナ近郊のバルフォゴナ・デ・リウコルブという数百名の住民が住む小さな町の道が「クライフ通り」と名付けられることになった。

 プラークの除幕式には、フランセスク・リョベート市長やクライフ氏の家族の他に元バルセロナ会長のジョアン・ラポルタ氏も出席。同市長は、「クライフ通りと名付けたのは我々が初めてだ。このことを心から誇りに思う」と喜びを表現すると、「このアイデアを我々に与えてくれたのは、精神を我々に注入し、国やバルセロナを変えたまさにヨハン・クライフ氏である」と同氏に感謝の気持ちを述べている。

 当時はバルセロナで救世主として讃えられたクライフ氏。亡くなった今でも、カタルーニャ州には同氏の記憶が根強く残っているようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:9/10(土) 23:12

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。