ここから本文です

40歳で脳腫瘍、42歳で白血病。5年生存確率10%―。それでも生き延びたIT社長の治療戦略

ダ・ヴィンチニュース 9/10(土) 9:00配信

 40歳、脳腫瘍。42歳、白血病。5年生存率10%…。徹底的に調べつくして2度のがんを生き延びた、IT社長のすごい方法『治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ』が、2016年9月8日(木)に発売された。

患者さんが医療チームの一員となった試金石の記録。高山さんの“生き抜こうとする力”には、医師としてそして“同僚”として脱帽です
東京女子医科大学先端工学外科/脳神経外科・村垣善浩教授

自分の病とその治療方針を徹底的に調べ上げ、納得して治癒を勝ちとる。見事です
虎の門病院血液内科 谷口修一部長

 30歳でIT企業を興して経営者となった著者は、猛烈に働いていた40歳の時に脳腫瘍、さらに42歳の時に白血病と、2回の異なるがんを経験した。5年生存率はそれぞれ25%と40%、かけ合わせると10%だった。

 「幼い娘が成人するまでは絶対に死にたくない」、その一心で少しでも治療成績のよい病院を探し、辞書を引きつつ海外の論文を読み、医師ととことん話し合った。そうして心から納得して選んだ手術、放射線治療、抗がん剤治療の西洋医学のみで寛解し、45歳の今日まで生き延びている。

 同書では著者が2度の闘病経験から学んだ、病を生き抜くヒントを丁寧に解説している。地元の病院にすべきか、東京の病院にすべきか。民間療法を試してみるべきか、がん患者にはなんと声をかけたらよいかといった問いや、がん治療費の実際、「抗がん剤治療中はがんが消えるイメージを持つ」「『極論』に惑わされない」など、病に立ち向かい、克服するための賢い患者の知恵が満載だ。

※掲載内容は変更になる場合があります。

最終更新:9/10(土) 9:00

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。