ここから本文です

子供が夢を叶えるために、親がすべきこと

ダ・ヴィンチニュース 9/10(土) 15:00配信

 卓球団体女子日本代表の伊藤美誠の母・伊藤美乃りが、娘を産み育てた経験をもとに、子供が自ら夢を見つけ、目指し、叶えるための方法を記した『子供が夢を確実に叶える方法 ~そのために親がすべき29のこと~』が2016年9月1日(木)に発売された。

 リオオリンピックで銅メダルを獲得した卓球団体女子日本代表。福原愛、石川佳純とともに活躍を見せた15歳の伊藤美誠は、素晴らしい集中力と強気の攻め、そして堂々とした立ち居振る舞いで、日本のみならず世界中の人々を圧倒した。

 同書は、“驚異の15歳・伊藤美誠”を生み出した源泉を母親が解き明かす一冊。「“やりたい!”と言い出したことは、すぐにやらせる」、「才能を伸ばすためには、子供に媚びない」といった教育法が紹介されている。その一部を見てみよう。

・愛情はハグ&「大好き」で伝える
・才能はリビングで伸ばす
・一度やり始めたことは、最後までやり通させる
・夢の種は妊娠中に蒔く
・初めて手にするものは、本物を与える
・選択に迷ったときは、おもしろそうなほうを選ぶ
・褒めるのは最初の一回だけ
・子供に努力をさせたければ、まずは親が努力する
・反抗期は、まず肯定! 最終的には笑い飛ばす
・他者の注意はポジティブなアドバイスに変換する
・成長段階に応じた親子の距離感を保つ
・お小言は、LINEを上手に活用!
・“夢”を妨げない恋愛は大推奨
・お金の管理は小学生から自分でやらせる

 同書には、美誠へのインタビューと、母への手紙も収録。子供の夢を叶えるために親は何ができるのか、何をしたらいいのか、その教育に対して子供がどのように思っているのかがわかるだろう。

伊藤美乃り(いとうみのり)
卓球日本代表・伊藤美誠の母。静岡県磐田市出身。中学から卓球を始め、高校ではインターハイに出場した経験をもつ。日本体育協会公認スポーツ指導者資格である「卓球上級者コーチ」の資格を有し、伊藤美誠の出場する国際大会に帯同するなど、娘を全面的にサポートしている。趣味はカラオケとショッピングで、娘と一緒に行くことも。得意料理は、丁寧に出汁をとった味噌汁やスープ。海外遠征を終えた娘のために、度々食卓に登場させる。

※掲載内容は変更になる場合があります。

最終更新:9/10(土) 15:00

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。