ここから本文です

所有者の「想像できるすべて」を叶えるロールス・ロイス[クルマの名鑑 vol.1]

Forbes JAPAN 9/10(土) 10:00配信

ロールス・ロイスと聞けば、誰もが高級車と思い浮かべるだろう。実際、The Bestー最高という賛辞がこれほど似合うクルマはない。「最高のものを選び、さらに改良しなさい。最高のものがなければ、生み出しなさい」というヘンリー・ロイス卿の言葉は、創業から110余年が経った今でも色濃く受け継がれている。

【写真】100年後のロールス・ロイス「ヴィジョン・ネクスト100」

フラッグシップの「ファントム」は、「最高の中の最高」といえる存在だ。垂直にそびえ立つパルテノンとしなやかな肢体を投げ出すスピリット・オブ・エクスタシーが、このクルマの顔立ちを独特なものにしている。コーチドアを開けると、厚みのあるカーペットと上質の革を奢ったシートが出迎える。アクセルを踏み込むと、6.7LのV12エンジンから460ps/720Nmもの大出力がデリバリーされ2.5t級の巨体を滑らかに押し出す。Waftability=浮遊感という言葉、ロールス・ロイス特有のふわり感のある乗り味を表す造語そのものの感覚だ。

本来がショーファードリブンを旨とするゆえに、後席の乗り心地も重要だ。上質なウッドに象嵌を施した装飾が美しく、ただ広いだけではなく、ほどよい囲まれ感がある。さらにビスポークによって、望みの空間に仕立てることができる。冷えたシャンパンを望めばグラスを、シガーを嗜むならヒュミドールを、そうした要求に応えることこそがロールス・ロイスの真骨頂なのだ。

オーナーが望みを持つほどにロールス・ロイスは進化する。そして顧客の想像力が尽きない限り、その進化に限界はない。

[DATA]
駆動形式:後輪駆動
全長:5,840mm
全幅:1,990mm
全高:1,655mm
価格:¥51,670,000(税込み)

ショーファーからAIへ 未来の自動運転車

ショーファーからAIへ 未来の自動運転車

100年後のロールス・ロイスとは、どんなクルマだろう? その疑問に応えるべく世に送り出されたのが、「ヴィジョン・ネクスト100」だ。

自動運転が実現した未来では、当然ショーファーは不要だ。それゆえ運転席が省かれて、ソファのような後ろ席のみとなる。レザー、ウッド、シルクなどの上質な素材が奢られたインテリアの正面には、LEDディスプレイが備わっている。投影されたスピリット・オブ・エクスタシー(フロントグリル先端のマスコット)が、"I’m Eleanor"と話しかけてくる。

バーチャルアシスタンスの機能だが、そのモデルとなったエレノア嬢にちなんでいるのは言うまでもない。伝統のコーチドアが廃される代わりにドアとルーフが上に向かって大きく開き、エレガントに立ち上がることができる。非常にロールス・ロイスらしくあるとともに、アヴァンギャルドなクルマだ。

Forbes JAPAN 編集部

最終更新:9/10(土) 10:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント