ここから本文です

マニア以外お断りの「ハイレゾ」スマホ LG製V20の超絶スペック

Forbes JAPAN 2016/9/10(土) 10:00配信

韓国のLGエレクトロニクスが9月6日、最新スマホV20を発表した。いつも通り他社とは一線を画す製品となっている。



筆者はLGのファンであり、同社の新しいことに挑戦する姿勢を尊敬している。しかし、評判の良い挑戦ばかりではなく、G5ではモジュールを交換できる機能を搭載したが、実用性よりもそれに伴う問題の方が目立ってしまった。一方でクアッドHDディスプレイや背面の指紋認証、常時オンのディスプレイ、デュアルカメラなど、他社が取り入れた機能もある。

V20ではこれまでと同様にバッテリーが取り外し可能だ(他社のフラッグシップモデルで取り外せるものはない)。さらにセカンドディスプレイやデュアルカメラ(両方とも背面)の機能もV10から引き継いでいる。アップルはiPhone 7でワイヤレスイヤホンを導入するが、V20ではデジタル信号をアナログに変換するハイファイDACが搭載されている。

V20の音質へのこだわりにはLGの確固たるポリシーを表している。V20は特定のユーザーをターゲットとしたニッチな市場を狙うスマホなのだ。ストリーミングサービスに注力するアップルは ユーザーが良い音質とフラットな音質の違いを気にしないと考えているが、LGは自宅でレコードを聴き高価なヘッドフォンを所有するオーディオマニアをターゲットにしている。

この端末には「LG Hi-Fi Plus with B&O PLAY」と呼ばれるポータブルHi-Fi DACが搭載され、384KHz/32-bitまでのハイレゾオーディオの再生をサポートする。

さらに、LGがこだわったのはオーディオだけではない。V20では録画にも力を入れており、ジャイロスコープを利用し録画時の揺れを最小限に抑える機能も導入された。背面のデュアルカメラのオートフォーカスではレーザー照射式、位相差検出式、コントラスト式も選択可能になっている。

LGのV10は2015年に発売されたスマホの中で最も優れた録画機能を持っていたが、V20もその地位を継承する仕上がりだ。

しかし、V20が売れるかどうかというと、iPhone 7の販売台数の半分に届くとも思えない。それもそのはず、V20は一般の消費者をターゲットにしていないのだから仕方ない。この端末がターゲットとするのは、モバイルデバイス開発者向けのコミュニティサイトXDAを毎日チェックするような、筆者のようなマニアックな人々なのだ。

Ben Sin

最終更新:2016/9/10(土) 10:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年3月号

株式会社アトミックスメディア

2017年3月号
1月25日(水)発売

890円(税込)

Forbesメルマガ会員(無料)を募集中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント