ここから本文です

【連載】蹴球百景vol.1「『ほほ笑みの国』のフットボールカルチャー」

SOCCER DIGEST Web 9/10(土) 7:00配信

タイの想像以上の変化を目の当たりに。

 2008年4月から15年9月にかけて、サッカーダイジェスト本誌にて連載された『蹴球百景』。このたび1年間の沈黙を破り、ウェブ版として再スタートすることになった。これから月に2回、国内外のさまざまなフットボールのある風景を紹介しながら、硬軟取り混ぜた文体で綴ってゆくことにしたい。
 
 復活第1回(通算174回)となる今回は、日本代表がワールドカップ・アジア最終予選を戦ったタイについてフォーカスすることにしたい。幸い、日本はバンコクから勝ち点3を持ち帰ることに成功したが、6年ぶりに訪れたかの国は、想像した以上にフットボールカルチャーが変化していた。
 
 まず驚かされたのが、現地での代表人気。前日練習の際には、チームバスの周囲は黒山の人だかりができていた。サインをねだる者、スマートフォンで撮影する者、そして選手とのハイタッチに絶叫する者。よく見ると、そのほとんどが若い女性だ。タイの女性がサッカー選手に熱狂するというのは、6年前に国内リーグを取材した際には、ほとんどお目にかからなかった光景である。
 
 もうひとつ驚かされたのが、試合当日の光景。何と、発煙筒を派手に焚いている集団がいるではないか。夢中になってシャッターを切っていると、仲間のひとりが「撮ってくれるな」とばかりにバッテン印を作って見せた。一応「よろしくないことをやっている」という自覚があるらしい。タイの国民性は大人しい、と何となく思っていたのだが、その固定観念を見事に裏切る光景がそこには広がっていた。
 
 試合会場でも、タイの応援スタイルが劇的に進化していることを強く実感した。サポーター全員で唱和されるチャントと手拍子、バックスタンドを埋め尽くすほどのスケール感あふれるビッグフラッグ、そして両ゴール裏で交わされるコールの応酬。そのいずれもが、かつてないくらい洗練されたものであった。ちなみにチャントのバリエーションの中には、明らかに名古屋のメロディーラインを模したものもあり、思わずニヤリとしてしまった(おそらく動画サイトを参考にしたのだろう)。
 
 ここ数年のタイ・サッカー界の変化について、チョンブリFCのインターナショナル・マーケティング・マネージャーを務める小倉敦生さんは「タイ・プレミアリーグが盛り上がって、それが代表人気にも好影響をもたらしていますね。かつての日本を見ているような気分です」と語っている。なるほど確かに。タイのサポーターの成長ぶりとはしゃぎようは、Jリーグが開幕し、代表が初めてのワールドカップ出場を目指していた93年の日本の状況に、かなり近いものを感じてしまう。
 
 ASEAN諸国の優等生であるタイは、近年はサッカー界も経済成長に歩調を合わせるかのように発展を遂げてきた。A代表ではまだまだ実力差に開きがあるが、中学生年代の国際大会になると日本のチームが敗れることも珍しくないそうだ。タイのサポーターの初々しさに目を細める一方で、うかうかしていられなくなった日本の立場を痛感させられた、今回のバンコク取材であった。
 
宇都宮徹壱/うつのみや・てついち 1966年、東京都生まれ。97年より国内外で「文化としてのフットボール」をカメラで切り取る活動を展開中。近著に『フットボール百景』(東邦出版)。自称、マスコット評論家。公式ウェブマガジン『宇都宮徹壱ウェブマガジン』。
 

最終更新:9/10(土) 12:02

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。