ここから本文です

【J1採点&寸評】柏×鹿島|ブラジル人の2発で柏に軍配。MOMは躍動した"鹿島キラー"

SOCCER DIGEST Web 9/10(土) 23:35配信

柏――中谷と中山の若きCBがクリーンシートに大貢献。

[J1第2ステージ11節]柏2-0鹿島/9月10日/日立柏サッカー場
 
【チーム採点・寸評】
柏 6.5
序盤からテンポの良いパスワーク、タイトなプレスで流れを渡さなかった。後半は、より素早いプレスで主導権を握ると、崩れかけた鹿島の守備を見逃さず、ブラジル人の2発で快勝。チームとしての勝負強さが身についてきた印象だ。

【柏2-0鹿島PHOTO】"鹿島キラー"の伊東が躍動! クリス&ディエゴも仕事を完遂



【柏|採点・寸評】
GK
23 中村航輔 6.5
大きなピンチは少なかったものの、1対1の場面で身体を投げ打ってセーブするなど、いつもどおりの気迫溢れるプレーで、ゴール前に立ちはだかった。4節のFC東京戦ぶりのクリーンシート。
 
DF
4 中谷進之介 7
ハイボールの処理にもたつく場面が見られたが、それ以外は非常に安定していた。自信に満ち溢れた守備で、相手のエース・金崎を抑えた。
 
8 茨田陽生 6
対面した土居には、ほとんどドリブルを許さず、90分間を通して落ち着いていた。だいぶSBが板についてきた様子だ。ただ時折、寄せが甘くなるのは課題。
 
22 輪湖直樹 6(75分OUT)
鈴木の鋭い突破に苦戦するも、水際で防いでいた。いつもに比べれば、オーバーラップする回数は少なかったが、ディフェンスラインを乱すこともなく、無失点に貢献した。
 
29 中山雄太 6.5
金崎と鈴木の突破に対し、身体を張って何度もストップ。中谷とともに最後の砦として存在感を発揮した。ビルドアップも落ち着いていた。
 
MF
17 秋野央樹 6.5
キャプテンマークを巻いて出場。中盤の底からパスを散らすだけでなく、輪湖の裏のスペースをケアたり、こぼれ球を拾ったりと守備でも奮闘した。
 
25 小林祐介 6
空いたスペースに顔を出して、積極的にビルドアップに絡む。流れるようなパスワークに加わって、良いリズムを生んだ。
 
28 栗澤僚一 6
秋野、小林とポジションチェンジを繰り返しながら、スペースを埋めて、若いふたりをサポート。気を見た攻撃参加も光った。78分に足を攣って、途中交代。

1/4ページ

最終更新:9/11(日) 1:37

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。