ここから本文です

因縁多きダービーマッチを制したのはマン・C! 無傷の開幕4連勝を飾る!

SOCCER DIGEST Web 9/10(土) 22:42配信

互いの持ち味を発揮した172回目のダービーマッチ!

 9月10日、プレミアリーグ4節でマンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティの「マンチェスター・ダービー」が行なわれた。
 
 通算172度目の伝統のダービーマッチは立ち上がりから両軍が持ち味を発揮したなかで、展開していった。
 
 先に主導権を握ったのはアウェーのシティ。アグエロを出場停止処分で欠いたが、バルセロナからの新加入GKブラーボを起点にした落ち着いたパスワークからポゼッションを高めていった。
 
 そして15分、コラロフの自陣深くからのロングフィードをイヘアナチョが頭で背後に落とすと、そのボールにデ・ブライネが反応。最後は相手GKデ・ヘアとの1対1にも動じず、ベルギー代表MFは冷静に右足で流し込み、均衡を破った。
 
 先制点を許したユナイテッドは最終ラインの位置をハーフウェーライン付近にまで上げ、素早い攻撃に転じようと図るが、シティの寄せの早さとビルドアップでのミスが重なり、敵ゴールに迫ることができない時間帯が続いた。
 
 25分過ぎからは、両サイドを起点とした厚みのある攻撃を展開したシティがホームチームを自陣に釘付けにする。そして36分に再びネットを揺らしてみせる。
 
 ペナルティーエリア内右を個人技で打開したデ・ブライネが左足でポスト直撃のシュートを放ち、こぼれ球をフリーで立っていたイヘアナチョが押し込んで追加点を奪ったのだ。
 
 アウェーチームが完全に優位に立ったと思われた試合だったが、前半終了間際にユナイテッドが反撃の狼煙を上げる。
 
 42分、ルーニーのFKの処理をブラーボが誤り、痛恨のキャッチミス。このルーズボールをイブラヒモビッチがボレーで押し込み1点を返して、前半は終了した。
 
 ホームで負けられないユナイテッドは、後半開始と同時にラッシュフォードとアンデルをピッチに送り出す。46分にはそのラッシュフォードの個人技からチャンスを創出するなど、前半とは一転して攻勢を強めていった。
 
 一方、相手のハイプレッシャーを前に守勢に回ったシティは、53分にイヘアナチョに代えてフェルナンドを投入。このブラジル人MFがピッチに立ってから試合は再び落ち着きを見せ始める。
 
 ロングボールを前線に当てるシンプルな形で敵ゴールに迫るユナイテッドは、70分にラッシュフォードがネットを揺らした。しかし、これはシュートコースに立っていたイブラヒモビッチがオフサイドを取られ、ノーゴールの判定となる。
 
 逃げ切りたいシティは、シルバを中心に細かい繋ぎで時間を経過させながら、敵陣へと迫り、74分には途中出場のサネのスルーパスに抜け出したデ・ブライネがポスト直撃のシュートを見舞った。
 
 81分にユナイテッドは、左SBのショーに代えてウインガーのマルシアルを投入。布陣を3-1-2-4に変更。超攻撃型のパワープレーに活路を見出す。しかし、デ・ブライネ以外の10人を自陣に残したシティの堅牢を前にゴール前まで迫るも、打ち破ることができなかった。
 
 結局、試合は2-1のまま終了。モウリーニョとグアルディオラの因縁の対決にも注目が集まったダービーマッチはシティが制し、無傷の開幕4連勝を飾った。

【フォーメーション図】マン・U 1-2 マン・C

最終更新:9/11(日) 15:46

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。