ここから本文です

さようなら、ジャニス・ジョプリン

ローリングストーン日本版 9/10(土) 10:00配信

スーパースターはただ消えていくが、文化のヒロインは簡単には死なない。

ハリウッド――ジャニス・ジョプリンが、サンセット・サウンド・スタジオに午後6時までに現れなかった時、プロデューサーのポール・ロスチャイルドは、その日一日中感じていた妙な"点滅するような"感覚に従い、彼女がなぜ電話に出ないのかを突きとめるため、フル・ティルト・ブーギー・バンドのロードマネージャー、ジョン・クックにランドマーク・モーター・ホテルまで行ってもらった。「それより以前は、彼女のことを心配したことはなかった」とロスチャイルドは語る。「遅刻は何度もあったけど、寄り道してズボンを買ってたとか、女の子によくあることだった」。10月4日は日曜で、ハリウッドでも行ける場所はあまりなかった。それはジャニスも同じだった。

映画『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』:ジャニス・ジョプリン、等身大の伝説

ランドマーク・モーター・ホテルは、フランクリン通りの大きなしっくいの建物だ。サンセット大通りの音楽スタジオに行くには便が良く、レコード会社や音楽出版社にも近い。(受付の男性が言うところの)派手な"サンバースト・オレンジ"と"ベア・ブラウン"塗りのホテルは、ロサンゼルスに来るミュージシャンの間で人気だ。ロビーには大きなプラスチック製の植物が置かれ、壁の柄はぼんやりしたサイケ柄だが、このホテルの魅力はその寛大さにある。受付の男性は、ジェファーソン・エアプレインのメンバーがパーティをしていた一続きの部屋からの騒音に、ある宿泊客が苦情を言った時のことを思い出し、笑いながらこう言った。「苦情を言った男の方が追い出されたんだ」。ジャニス好みのホテルだった。

ジョン・クックがホテルに着いたのは午後7時頃だった。駐車場にはジャニスの車があり、彼女が泊まっていた一階の部屋にはカーテンが引かれていた。ノックをしても応えはなく、ドアを叩き、大声で呼んでも返事はなかったので、マネージャーのジャック・ハジーに相談し、入室の許可を得た。ジャニスはミニのナイトウェア姿でベッドとナイトテーブルの間に倒れていた。彼女の体を仰向けにすると唇は血だらけで、鼻が折れていた。片方の手には4ドル50セントが握られていた。

クックは医者を呼び、ジャニスの弁護士のロバート・ゴードンに電話した。部屋を注意深く調べたが、麻薬や麻薬用の器具は見つからなかったとゴ―ドンは言う。警察に通報し、彼らは午後9時頃に到着したが、やはり麻薬や"麻薬道具"を発見することはなかった。しかし警察は、ジャニスの「左腕には10か所から14か所のできたばかりの注射針の痕があった」と記者に発表した。

夜の11時のニュースでキャスターが簡潔に報じた頃には、荒唐無稽な噂が電話で広まっていた。ジャニスは嫉妬した男に殺された、売人に殺された、CIAだと言う者までいた。また、男絡みで自殺した、(業界から)消えそうだと思って自殺した、ジャニスはずっと自暴自棄だった、という噂もあった。新たな説を提唱する者は情報通だったが、いずれも根拠はなかった。

この混乱は、翌朝ロサンゼルス郡検視官のトーマス・ノグチが仮報告書を発表した後も解消されることはなかった。報告書には、「薬物の過剰摂取で死亡」とあるだけで、それがアルコールなのか、睡眠薬か、それともハードドラッグなのか、具体的には示されていなかった。

当然ながらゴードンは、とっぴな噂の多くに対抗し、度が過ぎたヘッドラインを和らげるため、薬物らしきものは見つかっていないし、ジャニスはジミ・ヘンドリックスとほとんど同じように亡くなったと説明した。つまり、睡眠薬を過剰摂取し、彼女の場合はその後ベッドから落下し亡くなったと言った。

しかし、火曜日までにノグチは、当時27歳だったジャニスは、実は死の数時間前に左腕にヘロインを打っており、過剰摂取によって亡くなったと発表した。ノグチは、"行動科学の専門家"による今後の調査で、過剰摂取は"意図的"だったかどうかを調べるとした。

顔の怪我について質問が及んだ際には、警察は「暴行の可能性は否定する」とし、刑事の一人が、「倒れた時に鼻を折った可能性がある」と説明した。しかし、ジャニスの手に握られていた中途半端な額のお金は、分かりやすい死因を求める人々の想像力を掻き立てた。現在までに、「(ヘロイン)1袋のお釣りだった」――当時ロサンゼルスでは、ヘロイン1袋は約15ドルだった――というものから、「電話で助けを呼ぶための小銭だった」という奇怪な推理まで出ている(多くのモーテルやホテルの部屋同様、彼女の部屋には電話があり、小銭は不要だった)。

1/12ページ

最終更新:9/10(土) 10:10

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

Yahoo!ニュースからのお知らせ