ここから本文です

レッチリ、『サタデー・ナイト・フィーバー』のパロディ満載MV『ゴー・ロボット』を公開

ローリングストーン日本版 9/10(土) 11:00配信

全身を真っ白にペイントしたレッド・ホット・チリ・ペッパーズのヴォーカル、アンソニー・キーディスが映画『サタデー・ナイト・フィーバー』よろしく気取って歩く。

【動画あり】レッチリ、『サタデー・ナイト・フィーバー』のパロディ満載MV『ゴー・ロボット』を公開

レッド・ホット・チリ・ペッパーズの斬新なMV『ゴー・ロボット』は、全身を真っ白にペイントし山高帽を被ったアンソニー・キーディスが、ニュー・ヨークの街を気取って歩く姿で始まる。この姿は、明らかに映画『サタデー・ナイト・フィーバー』でジョン・トラボルタが演じたトニー・マネロのパロディである。

キーディスは、派手に発色するチェック柄のフロアで滑らかに踊り回るダンサーたちであふれたクラブに忍び込む。だらしないロッカーがダンサーたちと楽しく踊る一方で、キーディスは自分のように全身を真っ白にペイントしたソウルメイトの女性と出会う。そして二人は、無我夢中に一晩中踊り明かすのだ。

『ゴー・ロボット』は、デンジャー・マウスがプロデュースしたレッド・ホット・チリ・ペッパーズのニュー・アルバム『ザ・ゲッタウェイ』(発売中)に収録されている。同アルバムは、前作『アイム・ウィズ・ユー』(2011年)以来のリリースとなる。

Translation by Sahoko Yamazaki (RSJ)

JON BLISTEIN

最終更新:9/10(土) 11:10

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2017年WINTER

株式会社パワートゥザピープル

2017年WINTER
12月10日(土)発売

880円(税込)

特集:The Rolling Stones
約11年ぶりの新作インタヴュー
ONE OK ROCK
SUGIZO/TAKURO
浅井健一/西島隆弘 AAA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。