ここから本文です

代表選大敗なら離党? 民進・前原氏が“あの人”と画策する仰天新党構想

週プレNEWS 9/10(土) 6:00配信

蓮舫代表代行と前原誠司元外相の争いとなった民進党代表選。だが、戦前から大勢は決しているとも。

「8月末になって山尾志桜里(しおり)政調会長、福山哲郎幹事長代理といった有力議員が前原支援を表明したものの、支持は広がっていません。頼みの細野豪志(ごうし)元環境大臣グループは早々と蓮舫支持に動いた上、前原氏が率いる『凌雲会(りょううんかい)』からも『蓮舫支持』を公言する議員が出る始末です」(全国紙政治部記者)

政治評論家の浅川博忠氏もこううなずく。

「前原さんは旧民主党をダメにした戦犯のひとり。代表になっても党刷新は無理というのが党内の反応です。その点、蓮舫さんは清新なイメージがある上に、初の女性代表となれば、民進党の評判もよくなる。代表選は蓮舫さんがリードを保ったまま、逃げ切る公算が大です」

そうなると、気になるのが前原氏の去就だ。

「大敗すれば『凌雲会』は解体必至、前原さんも居場所を失うでしょう。そうなれば再び、政策の近い橋下徹前大阪市長らと気脈を通じて保守新党の結成に動き、野党再編を仕掛けてくる可能性も。彼は以前、旧日本維新の会との合流を主張し、離党をほのめかした“前科”もありますからね」(前出・政治部記者)

ただ、永田町では“言うだけ番長”ともっぱらの前原氏だけに、野党再編を叫んでも行動を共にする議員は少ないのでは? そこで、あの人との合体を勧める仰天構想が。

「自民の石破茂前地方創生相です。実は前原さんは筋金入りの鉄道オタク。以前、鉄道雑誌のインタビューで『政党の枠を超え、鉄道オタクの輪を広げたい』と力説したり、石破さんとも毎日新聞で対談、鉄道談議で盛り上がった。現在、石破さんも安倍政権から干されているだけに、現状を打破するには、『鉄オタ新党』の結成しかありません。世の鉄オタは熱狂的に支持するはずです」(鉄道雑誌編集者)

鉄道オタクの絆は強い!?

(取材・文/本誌ニュース班)

最終更新:9/10(土) 6:00

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.51
12月5日(月)発売

特別定価470円(税込)

トランプが仕掛ける新条約が鬼すぎ!/アス
トンマーティンCEOを独占直撃!/スマホ
3大キャリアを卒業しよう【グラビア】馬場
ふみか/鈴木ふみ奈/松本愛/三城千咲 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。