ここから本文です

日本企業の経営者は「総務のプロ」を育てよ

ダイヤモンド・オンライン 9月10日(土)8時15分配信

 日本企業は営業部門や製造部門などのフロント部門がコア業務、総務や人事、経理などのバックオフィス部門がノンコア業務と捉えられがち。だが、本来、バックオフィス部門にこそ、社員を活性化させ、企業の活力を生み出せる仕事や役割が集中しているし、それによって企業は生産性が上がり、成長力も増していく。経営者は、総務を始めとするバックオフィス部門に注目し、ここが経営の根幹であることを認識すべきではないか?  世界企業の総務事情に精通するファシリティマネジャー(FM)のクレイグ・カックス氏に、経営に資する存在であるグローバル企業の総務と日本企業の総務の違い・問題点を聞いた。(聞き手・『月刊総務』編集長 豊田健一)

● 「総務のプロ」が会社を変える

 ―― 日本の企業経営者が自社の成長を考えるなら、総務をはじめとするバックオフィス部門をコア業務と捉えて、営業や製造部門と同様に経営戦略に組み込んでいくべきだと思います。グローバル企業での総務はどのような位置付けにありますか? 

 クレイグ グローバル企業では総務は「専門職」です。総務を専門職とみなすように変化したのは、世界企業の30年前の流れでした。私のようなファシリティマネジャーや総務は、30年前はいわゆる「メンテナンス屋さん」扱いで仕事現場をメンテナンスする役割にとどまっていました。でも実際には、預かっているお金の金額は大きく、それをどう使っていくかは会社全体、つまり、経営にとって非常に大きく影響することでした。

 だから、我々自身が役員室で発言できる人材、つまり、経営会議で利益やバランスシートについて話しているときに、我々の仕事の結果がそれらの数字にどのようにつながっているかをきちんと伝え、議論できる経営人材にならなければいけない。

 そのために、「専門職」になっていく必要がある、という風潮が生まれました。そうした流れから、今では、グローバル企業で総務は専門職であり、コア業務として認識されています。

 ―― 日本企業の総務はそうではありませんね。つまり、海外に比べると30年遅れている、ということになりそうです。

 クレイグ いちばん大きいのは人事異動の問題ですね。これまで多くの日本企業では、いわゆるおちこぼれの人材を総務に配属する、ということが行なわれてきました。

 さらに、そこでみっちり総務の仕事を教えてその道の「プロ」になるよう育成もせずに、3年や5年で、どんどん人を入れ替えてしまう。これではとても専門職としての人材、つまり総務のプロは育てられません。だから日本企業の経営者は「総務畑で育てていく人材」を見つけ、そこで活躍させ、プロにすることをもっとしっかりやらなければならないと思います。

 総務のプロを育てるには、とにかく経験を積ませることしかない。学校に行って学ぶものではないし、本を読んで、資格をとればいいものでもありません。

1/3ページ

最終更新:9月14日(水)18時15分

ダイヤモンド・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

特集 凄いネスレ 世界を牛耳る 食の帝国
違いが分かる食の帝国を徹底解明!
特集2 2017年新卒就職戦線総括
今年も「超売り手市場」が継続

5度目の核実験 北朝鮮を止めるには

5度目の核実験に踏み切った北朝鮮。阻止するすべはないのか、北朝鮮情勢に詳しい専門家やベテラン研究者に聞いた。