ここから本文です

レンジローバー・イヴォークも2017年モデルで「InControl Touch Pro」を搭載

clicccar 9/10(土) 20:33配信

レンジローバー・イヴォークは、エクステリアデザインでランドローバー(レンジローバー)が新境地に到達したことを印象づけ、実際に販売店で話を聞くと、新しい顧客を獲得してきたそうです。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



9月2日から受注を開始した2017年モデルには「オールテレイン・プログレス・コントロール・システム(ATPC)」が標準装備されたほか、高速かつ直感的なタッチ操作が可能な10.2インチの最新インフォテインメント・システム「InControl Touch Pro」が追加されています。



「ATPC」は、アクセル操作なしで坂道や悪路などにおいて1.8km/h~30km/h内で車両を前進、後退させることができる機能。これにより凍結した坂道などでステアリング操作に専念でき、安心して走破できます。

「InControl Touch Pro」は、ナビやオーディオなどの各種設定を10.2インチのワイド画面でタッチ操作ができる最新の車載インフォテイメントシステムで、ジャガー、ランドローバー各モデルで順次採用されています。



また、ボディカラーのラインナップも変更。新たに「シリコン・シルバー」、「ファラロン・ブラック」、「カルパチアン・グレイ」、「アルバ」が追加され、計17色を用意。

さらに、同モデルのスタイリッシュな外観を引き立てる「グラファイト・デザインパック」を「HSE DYNAMIC」と「AUTOBIOGRAPHY(オートバイオグラフィー)」に設定。



ほかにも、新車登録日から3年間、走行距離6万kmまでの保証修理、ロードサイドアシスタンス、定期点検(2回)と指定交換部品、一部の消耗部品の交換を含むメンテナンスを無料で行うプログラム「LAND ROVER PREMIUM CARE(ランドローバー・プレミアムケア)」もすでに導入されています。

「ジャガー」ブランドから初のSUVであるF-PACEを登場させるなど、プレミアムSUVの競争は激化しています。デザイン力と装備の充実化で存在感を維持できるかが注目点でしょうか。

なお、2017年モデルのレンジローバー・イヴォークの価格帯は、502万円~832万円となっています。



(塚田勝弘)

最終更新:9/10(土) 20:33

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。