ここから本文です

新・東京婚活事情:真面目一本で生きてきた脳外科医。可愛い恋人は、残念な「○○女子」だった

東京カレンダー 9/10(土) 5:20配信

東京都内のハイスペックな男女たち。

大都会東京で生き抜く彼らの恋愛感、そして結婚観は、一体どのようなものなのだろうか?

【この記事の全ての写真】

人生を左右すると言っても過言ではない、結婚という制度。特に都会では、そんな結婚に対するハードルが年々高くなっている。

一筋縄ではいかない、現代の婚活。他人から見れば羨ましい限りの人生を送る都会人の、結婚に対する価値観、その裏に潜む闇、リアルな実情を覗きたくはないだろうか?

脳外科医、32歳。恋人との関係を悩む理由は...?

雄大、32歳、脳外科医をしています。独身です。

今、彼女と別れようか、すごく悩んでいます...。

この年になると、目下の課題は、やっぱり「結婚」ですよね。今の彼女は、正直、結婚には向かないタイプの女の子だと思うんです。

今、付き合って10ヶ月くらいです。食事会で知り合いました。顔はかなり可愛いし気も合うので、最初の3ヵ月くらいは、結構仲良く過ごしていました。

彼女はノリも良くて、一緒にいると楽しいんです。美人でスタイルも良いし、デートに連れて歩くにも最高。外見は、道ゆく人に振り返られるレベルの、Aランクだと思います。

だから、最初は舞い上がって、月に数回『ザ・リッツカールトン』や『パレスホテル』、『パークハイアット』なんかの良いホテルに泊まりに行ったり、オシャレなレストランに連れて行ってあげたりしてたんですよね。

でも、今思えば、甘やかしてしまった僕も悪かったのかもしれません。

違和感を持ち始めたのは、夏休みの旅行を計画したときでした。お互い休みを合わせて、ハワイに行こうって話になったんです。

二人で旅行代理店へ行ったり、インターネットでホテルを選んでいるときは楽しかった。せっかくだから、良いホテルの良い部屋に泊まって、レストランも前もって予約しようって、かなり盛り上がってたんです。

彼女はテンション高く、「じゃあマウイ島にも行こう、泊まるなら『ロイヤル・ハワイアン』がいい!」なんて、夢は膨らんでいきます。

でも、ふと思うことがありました。

この旅行代金って、俺が全部出すの......?

1/3ページ

最終更新:9/10(土) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

なぜ今? 首相主導の働き方改革