ここから本文です

低価格Bluetoothイヤホン 通販機種のコスパに驚嘆

NIKKEI STYLE 9/11(日) 7:00配信

 国内外のメーカーから、Bluetoothを使って無線接続できる低価格ワイヤレスイヤホンが数多く登場している。そこで、5000円以下のBluetoothイヤホンのなかで人気機種を取り上げ、その音質や操作性を比較評価していこう。

■ヘッドセットとイヤホンの違いとは?

 まず、5000円以下のBluetoothイヤホンは「Bluetoothヘッドセット」と呼ばれるものが多い。基本的にはBluetoothイヤホンと同じものだ。

 ヘッドセットと呼ばれる理由は、イヤホン部分だけでなく付属ケーブル部などにマイクも内蔵し、スマートフォンを耳元に当てることなく通話できるハンズフリー通話にも対応しているからである。

 実はこのハンズフリー通話、スマートフォン以前の携帯電話から存在しているが、自動車での用途を除くと日本国内では普及する兆しがない。そのため、イヤホンを選ぶ際には付加機能として気にせずにおこう。

 また、Bluetoothヘッドセットとして販売されている製品には、片耳のみに装着するタイプのイヤホンも存在する。

 片耳タイプの製品はケーブルレスのデザインだったりとハンズフリー通話用の機能性には優れるが、音楽を聴く目的で試すと、他方の耳から外の騒音が丸聴こえで不向き。あくまで通話メーンの製品なので、今回は製品選びの選択肢から外している。


 その他の注目すべきポイントはバッテリー駆動時間。通勤・通学では4時間以上が目安だ。Androidスマホのみの対応だが、NFCによるペアリングも重要だろう。

 加えて、国内メーカーのみが対応している、ワンセグ放送音声をワイヤレスイヤホンで聴く際に必要になるコンテンツ保護方式「SCMS-T」に対応しているかどうかは、用途に応じてチェックするべきポイントだ。

 以上をふまえて、大手ネット通販で人気のBluetoothイヤホン7製品をピックアップ。音楽を聴く用途として使うときの音質や操作性を評価した。

1/5ページ

最終更新:9/11(日) 7:00

NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。