ここから本文です

朝ドラ「戦争=人殺し」という描写の薄っぺらさを専門家批判

NEWS ポストセブン 9/11(日) 7:00配信

 数々の名作を世に送り出してきたNHK『連続テレビ小説』(朝ドラ)には、戦時下の日本をテーマにした作品が多い。だが、国史研究家の小名木善行氏は「朝ドラで描かれる日本軍はあまりに恣意的ではないか」と疑問を呈す。

 * * *
 NHKの朝ドラは『おしん』の頃からよく見ています。良質な作品が多く、毎朝これを見ないと一日が始まらないという人もいるでしょう。

 しかし、近年の作品は思想性が色濃く反映されたものが多いように感じます。たとえば、2010年に放送された『ゲゲゲの女房』では、主人公の夫・茂が戦時中に南方の島・ラバウルの最前線に送られた戦争体験を語る場面があります。

 壊滅した前線から味方の部隊に命からがらたどり着くと、茂は上官たちから「命より貴重な銃を捨ててよく帰ってきおったなぁ」「なぜお前だけ生きて戻ったんだ!」と責め立てられる。これは、モデルとなった水木しげるさんの実体験です。ただし、その叱責の後には「今回のことは不問に付す。但し、次の戦闘では必ず挽回せい!」という上官の台詞が続くのです。

 ちょっとした判断ミスによって命が失われるような過酷な状況では、軍の上官たるもの、常に厳しくあらねばならない。これは仕方のないことです。ただ、「不問に付す」という台詞で上官の愛情を示しているにもかかわらず、映像では上官たちがとても憎々しい表情をしており、憎たらしい存在として描かれている。文章の場合と違って、映像作品ではその“余白”にさまざまな要素を作り手が盛り込めます。旧日本軍とその上層部を「絶対的な悪」に仕立てようとする作為的なものを感じてしまうのです。

 2013年に放送された『ごちそうさん』は、戦時下で子の無事を願う母親の気持ちがよく描かれたドラマでした。また、当時の家庭におけるひもじい食生活や、食料を得るための主婦の懸命な姿も描写されています。

 一方で、戦争に対する偏向的な思想が描かれた作品でもありました。

1/2ページ

最終更新:9/11(日) 7:00

NEWS ポストセブン