ここから本文です

片岡愛之助 実在の人物演じるときは墓参りを心がける

NEWS ポストセブン 9/11(日) 7:00配信

 豊臣秀吉が死去を機に、天下取りに乗り出していく徳川家康。天下分け目の関ヶ原の戦いが近づいてきた、NHK大河ドラマ『真田丸』で描かれるこの戦いでは、石田三成と大谷吉継(官名・刑部少輔)の友情も見どころのひとつ。大谷吉継役の片岡愛之助(44才)に、実際に訪れた関ヶ原や、歴女には見逃せない三成と吉継の撮影秘話まで、たっぷりと聞いた。

――演じている大谷吉継は、どういう人物?

愛之助:初めは覆面の人というイメージしかなかったんですけど(笑い)、男気のある忠義の人です。負けるとわかっている戦でも駆けつけますからね。そして物事を俯瞰的に、よく見極めている、すごく冷静で落ち着いた人物だと思います。

 ただ、どう色付けをしていけばいいのか迷いました。大谷吉継の本を読んだのですが、他の人のことばっかり書いてあるんです。伝説的な事ばかりが残っていて、それも本当かどうか定かではない。読めば読むほど、どれが事実なのかわからなくなってきまして、これは台本を読むしかないなと思いました。

 三谷さんの台本を読ませていただくと、非常にいい人なんです。堺(雅人)さんと前半話していたんですけど、いい人過ぎて怖いよねと(笑い)。その中にも、あの時代特有の冷酷さというのかな。物事を成し遂げるには仕方がないと、割り切っているところもあります。だから、容赦なく首を斬ることもする。

――歴史上の人物に取り組まれる時は、本を読むなどして調べる?

愛之助:実在の人物を務めさせていただく時には、どんな人間だったのか、ある程度入れます。でも一番大事なのは台本ですね。この脚本家は、この人物をどう描いているのか、どう見せたいのかが一番大事なので。

――三谷さんから、こう演じてほしいという要望は?

愛之助:「すごく素敵に、格好良く演じてください」というメールがありました。台本には格好いいシーンが全然ないから難しいな、なんて思いました(笑い)。「ぼくの刑部は正解なんですか?」と送ったら「大正解です」と返信がありましたよ。「関ヶ原の戦いで西陣に颯爽と吹く風のような男であってください」、と言われました。

1/4ページ

最終更新:9/11(日) 7:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。