ここから本文です

「レンタル救世主」連続発表4。稲森いずみが沢村一樹と夫婦役

Smartザテレビジョン 9/11(日) 10:15配信

沢村一樹が主演の新ドラマ「レンタル救世主」(日本テレビ系)で、初回放送日の10月9日(日)にちなみ、5日連続で10時9分に新キャストを発表する企画が9月8日より始動。第四弾の今回は、沢村演じる明辺悠五の天真らんまんな妻・明辺紫乃役の稲森いずみの出演が発表された。

【写真を見る】稲森はジェットコースターのように気持ちが浮き沈みするかわいらしい妻を熱演

紫乃は、元スタイリスト。明るい妻であり、一児の母。悠五とは「悠五くん」「しのちん」と呼び合う仲良し夫婦で彼の心の支えとなっているが、悠五が借金を抱えたことを知らずに、実現していなかったハワイでの結婚式をとても楽しみにしているチャーミングな女性だ。

稲森は「登場人物がキャラクターぞろい! いろいろな喜怒哀楽があって脚本を読んでいるだけでワクワクします。 そして、ラテン系! 私の役もサプライズでした。 私たちも、見てくださる人たちにも楽しんでもらえるドラマになると思っています」とコメント。

本作は、超お人よしの普通のサラリーマンだった明辺(沢村)が、期間限定で依頼者の困りごとを命懸けで解決する“レンタル救世主”の仕事に奮闘していく姿を痛快に描く物語。

ほか、藤井流星、志田未来、福原遥、中村アン、勝地涼らが出演する。

最終更新:9/11(日) 10:15

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。