ここから本文です

抗酸化パワー大の「アスタキサンチン」がとれる鮭おかず

東京ウォーカー 9/11(日) 11:00配信

魚嫌いにさえ好感度の高い食材、鮭。鮭といえばあの華やかなピンク色の身が浮かぶが、実はもともとは白いのだとか。川から海へまた海へと長い距離泳ぐパワーの源として、アスタキサンチン(=赤)の多いオキアミを食べることによって美しく変色する。そんな鮭を食べることで、我々もアスタキサンチンをゲットしよう。

【写真を見る】混ぜるだけでできるたれはあらゆる料理に使えます!「黄金だれ」

メインのおかずは旬の根菜と鮭を合わせて「鮭と里いもの揚げ漬け」をどうぞ。自家製のたれで味も決まる、皮や血合いも残さず疲労回復や美肌におすすめだ。

合わせる副菜は旬先取りで「まいたけとはるさめのあえもの」・「水菜ときのこのさっとあえ」。汁ものはトマトを使って変わり種「トマトとわかめのかきたま汁」や「アボカドとトマトのみそ汁」を添えてみて。(栄養士・三澤友貴子)

【主菜】鮭と里いもの揚げ漬け(1人分250kcal、塩分1.9g)

<材料・2人分>生鮭2切れ、里いも4個、黄金ねぎだれ(黄金だれ<酒、みりん、しょうゆを同量ずつ合わせて混ぜたもの>大さじ6・長ねぎのみじん切り大さじ2・赤とうがらしの小口切り1本分)、塩、サラダ油、片栗粉

<作り方>

(1)鮭は一口大に切り、塩少々で下味をつける。里いもは皮つきのまま耐熱容器に入れてふんわりラップをかけ、電子レンジで約4分加熱する。手で皮をむき、横2~3等分に切る。

(2)小鍋に黄金ねぎだれの材料を入れ、ひと煮立ちさせてアルコール分をとばし、水70mlを加えてバットに移す。

(3)フライパンに1cm深さの油を中温(約170℃)に熱し、里いもを入れて表面がこんがりするまで4~5分揚げ、油をきる。熱いうちに2のバットに入れてたれに漬ける。

(4)油を高温(約180℃)に熱し、鮭に片栗粉を薄くまぶして入れる。こんがり色がつくまで4~5分揚げ、油をきって3のたれに漬ける。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:9/11(日) 11:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。