ここから本文です

婚活女子の悩みの種「レストランが決められない男」「料理取り分け」の是非を問う

週刊女性PRIME 9/11(日) 17:00配信

 婚活相談を受け付けるライターの仁科友里さんのもとに、婚活女子から届くお悩みで断トツ1位が「レストランが決められない男性ってどう思いますか?」だといいます。

 たとえば、男性のすすめる店が見つからず、ひたすら歩き回った。女性側からお店を提案すると否定ばかりで自分の意見は出さない。「イタリアンでいい?」と言われて連れていかれた店がファミレスだった……など、女性がお店でがっかりした例は数多いそうです。

 男性から「なぜ、男が店を決めなければいけないんだ!」という怒りの声が聞こえてきそうです。しかし、男性向けの恋愛レクチャーも行い、『確実にモテる世界一シンプルなホメる技術』を上梓した仁科さんはこう解説します。

「女性は好きな人のために手間をかけることが愛情表現だと思っています。なので、男性が店を選ぶという手間をかけてくれないと、自分の思考回路からいって、“手間をかける価値がない=愛されてない”と感じてしまうのです。

 これは男女どちらが正しいということではなく、単なる“違い”ですから、男性は『店を決めないと印象が悪い』と丸暗記してください。突然会うことになった場合以外は、食事をする店はあらかじめ決めて予約しておきましょう。お店によって女性はファッションを決めるので、店を決めないと、準備に支障をきたすのです」(仁科さん、以下同)

 店を決めることに失敗した前述の男性には、ある特徴があります。それは、行ったことのない店に女性を連れて行こうとしたこと(行ったことがあれば場所や定休日は間違えない)、自分一人で店を決めたこと。

「おいしいという感覚は個人差がありますし、アレルギーがある可能性も考えると、やはり2人でどこにするか考えたほうがいいですね」

 職場の親しい女子においしい店や行きたい店を教えてもらったり、営業マンに聞くのも手だそう。周りにそういう人がいないのであれば、料理のジャンルと食べられないものを相手に聞いて、食べログの評価が3点以上で探すのがベターとのこと。

 店をだいたい絞り込めたら、女性に「この店でどう?」と意見を求めることが大事だと仁科さんは言います。

「女性に了承を求めた時点で共同責任になりますから、店がハズレでも男性側の責任にはなりません。女性側から『ここなんてどうですか?』と新たな提案があれば、素直にそこにしましょう。予約も必ず男性がしましょう」

1/2ページ

最終更新:9/11(日) 17:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。