ここから本文です

ICAF2016、広島で受賞の『FEED』を含む28校の学生作品を上映! 持ち込みの「とらのあな」は伊藤有壱、水江未来、りょーちもが講評

おたぽる 9/11(日) 11:00配信

 9月22日から25日まで、東京・国立新美術館にてICAF(インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル)2016が開催される。

 2002年から開始されたICAFは、各大学・専門学校などで制作され、教員から推薦された学生作品が一堂に会するアニメ上映イベント。これまで『つみきのいえ』などの加藤久仁生(記事参照)、『九十九』などの森田修平ら、アカデミー賞で受賞・ノミネートに至るクリエーターも輩出している。

 今回は28校が参加。第16回広島国際アニメーションフェスティバル(記事参照 http://otapol.jp/2016/08/post-7856.html )で国際審査委員特別賞の『FEED』(岡崎恵理)、第10回TOHOシネマズ学生映画祭・ショートアニメーション部門(記事参照 http://otapol.jp/2016/04/post-6407.html )でグランプリの『あたしだけをみて』(見里朝希)や同・審査員特別賞の『ボーイメットガール』(スタジオホウキギター)、卒業制作展で注目された『ノアの□庭』(狩野洋典)や『愛のかかと』(円香)、ネットでも話題の『作画崩壊アニミズム』『イン・ザ・フィルム』(共にうぐいす工房)といった作品が揃った。

 もちろんネットで全作品が見られるわけではなく、かといって全日通えないという人には、1日2回、各校から代表して1作品が上映される参加校プログラムがオススメ。来場者の投票によって最終日に観客賞が決定するので、応援したい作品を見つけられたのなら、1票を投じておきたいところ。

 また前回から始まった持ち込み上映の「とらのあな」も見逃せない。今回の「とらのあな」で講評するのはアニメーションディレクター・伊藤有壱(記事参照)、アニメーション作家・水江未来(記事参照)、アニメーション監督・りょーちも(記事参照)。こちらは高校生も対象で、後に「高校生のジオラマがスゴい!」と話題になった『故障中』も、先に「とらのあな」で見ることができた。今後、話題となるような作品が持ち込まれるかもしれないので、いち早く若い才能を見つけたいという人なら聴講しておきたい。

 このほか11年から前回までのセレクション作品を見られる「レトロスペクティブ!」や「姫田真武スペシャルライブ!」、海外作品を紹介する「韓国・漫画アニメ最強戦」「デンマーク・TAWプログラム」もある。ぜひとも会場で、様々な作品を体感してほしい。
(取材・文/真狩祐志)

■ICAF
http://www.icaf.info/

最終更新:9/11(日) 11:00

おたぽる

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。