ここから本文です

ベンチ要員の本田、不振の香川を凌ぐ存在感! ヘルタ原口が2アシストで今季チーム全得点演出の大活躍

Football ZONE web 9/11(日) 1:13配信

インゴル戦勝利に貢献 タイ戦では先制ヘッド弾!

 ヘルタ・ベルリンの日本代表FW原口元気がブンデスリーガ第2節の敵地インゴルシュタット戦に先発フル出場し、2アシストの活躍で2-0の勝利に貢献した。ヘルタは開幕2連勝を飾っている。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 6日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)最終予選の敵地タイ戦(2-0)でもDF酒井宏樹(マルセイユ)のクロスから豪快なダイビングヘッドを決めた原口は好調を維持している。ハリルジャパンの熾烈な2列目のポジション争いで香川真司(ドルトムント)、本田圭佑(ACミラン)の両大黒柱にポジション争いで挑戦状を突きつけている25歳がヘルタでも結果を残した。

 4-2-3-1の左ウイングで先発した原口は前半8分、中央からのスルーパスでFWイビセビッチの先制点をお膳立てした。ドイツから日本、タイ、ドイツという長距離移動も苦にせず、ハリルジャパンでの好調ぶりをリーグ戦にも持ち込んだ。1-0で迎えた後半41分には左サイドから右足で中央へピンポイントクロスを供給。これをFWシーバーが頭で流し込んで追加点をゲット。原口は2アシストを記録した。

他の海外組が低迷気味な中で、存在感を放つ

 ヘルタはそのまま2-0で勝利を収め、開幕2連勝となった。

 開幕戦のフライブルク戦(2-1)でも2得点に絡み、マン・オブ・ザ・マッチに選出された原口。ここまでチーム4得点の全てに関与するハイパフォーマンスで、レギュラーの座を確かなものとしている。香川が代表戦2試合で不発に終わり、本田がクラブでベンチ要員となっている現状で、代表でも飛躍が期待される男が、ドイツのピッチで躍動している。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/11(日) 1:13

Football ZONE web