ここから本文です

倉庫のスペース貸します──NASAと米空軍の「ご近所付き合い」の模様

WIRED.jp 9/11(日) 7:30配信

ハリケーン「ハーミン」がまだ熱帯低気圧だった状態で米東海岸を北上していた9月2日(米国時間)、ヴァージニア州ハンプトンにある米航空宇宙局(NASA)ラングレー研究所で働くデール・バウザーは奇妙な依頼を受けた。それは、「お隣」にあるラングレー空軍基地からの頼みごとだった。

【こんなご近所付き合いも】グーグルとLinkedIn、オフィス敷地の「Win-Winな交換」

バウザーは、NASAラングレー研究所で格納庫の管理者を務めている。その彼に対し、空軍は十数機の「F-22」戦闘機を、彼の管理する格納庫に避難させてもらえないかと聞いてきたのだ。

膨大なコストがかかっている貴重なF-22たちを猛烈なハリケーンにさらしたいと考える者など誰もいない。そしてNASAは、カテゴリー2(風速49mまで)のハリケーンに耐えられる格納庫を持っている。

「どうぞいらっしゃい」、とNASAは応じた。

NASAラングレー研究所の広報担当者キャサリン・バーンストッフによると、同研究所の格納庫にはすでに巨大な宿泊客がいた。ヴァージニア州東岸部にあるワロップス飛行施設(NASAが打ち上げ実験に使う施設)からやって来た大型輸送機「C-130」だ。

それでも、「慎重な作業の末、格納庫に空軍の戦闘機十数機をどうにか詰め込み、ハリケーンに耐えるこの施設で保護することができました」とバーンストッフは述べた(このハリケーンは結局、風速42mまでの「カテゴリー1」までにしか成長せず、空軍基地とNASAの研究センターがあるヴァージニア州に到達したときには熱帯低気圧になっていた)。

十数機の戦闘機はまるで「テトリス」のように巧みに並べられ、見事に格納された。バーンストッフも、「うちの格納庫のスタッフは駐機の名人なのです」と認めている。

空軍は、格納庫に収めるときの写真を付けたツイートで感謝の意を示した。これに対し、NASAも相思相愛ぶりを表す返事をしている(これらツイートは関連記事より)。

NASAラングレー研究所の格納庫は8万5200平方フィート(約7915平方km)の広さがあり、飛行機を何機も停めることができる。建造されたのは1950年代初めのことで、巨大な爆撃機「B-36」を格納できるように設計された。2014年に貨物輸送機の「スーパーグッピー」がやって来たときも余裕をもって格納することができた。

初期の宇宙飛行士もここでトレーニングを受け、月面着陸を成功させるために必要だった宇宙船のドッキングシミュレーションを行なった。要するにこの格納庫は、とてつもなく巨大なのだ。「ですから、緊急時にはラングレー空軍基地の仲間と喜んで格納庫を共有します」とバーンストッフは言う。

だがNASAのほうも、飛行機を飛ばすときには空軍基地の滑走路を使わせてもらっている。お互い様なのだ。

SARAH SCOLES

最終更新:9/11(日) 7:30

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

なぜ今? 首相主導の働き方改革