ここから本文です

王者レスターがリバプールに4失点大敗… 岡崎は先制弾を導くも前半のみで交代

Football ZONE web 9/11(日) 3:35配信

不安定なレスター守備陣が崩壊し1-4で敗れる

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは、10日に敵地でリバプールと対戦。不安定な守備を攻撃力で補うことはできずに1-4で完敗した。3試合連続で先発出場した岡崎は、真骨頂の高い位置からのプレッシングでFWヴァーディのゴールを演出したが、見せ場は少なく前半45分間の出場のみでベンチに退いた。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 リバプールは本拠地アンフィールドの改修が完了し、メインスタンドが8500席増築された。最大収容人数が5万4000人となった新スタジアムでの今季初ゲームで、大歓声の後押しを受けるリバプールは、前半13分に左サイドMFミルナーのパスを中央で受けたFWフィルミーノが右足で決めて均衡を破った。

 さらに同30分、テンポの良いパスワークでレスターのDFラインを完全に崩すと、最後はFWスターリッジのおしゃれなヒールパスからFWマネが押し込んで追加点を奪った。クロップ監督はかけていたメガネが外れるほどの豪快なガッツポーズで追加点を祝福した。レスターは失点直後にDFシンプソンが右足を痛めていたDFエルナンデスと途中交代するハプニングにも見舞われた。

 苦しい展開となったレスターだったが、岡崎の真骨頂と言える献身的なプレーが得点を呼び寄せた。同37分、ペナルティーエリアの右脇でパスを受けたDFルーカスに対して岡崎が猛然とプレスをかけると、ルーカスはコントロールを誤り、焦ってGKミニョレへのパスを選択。しかし、このパスは精度を欠いてゴール前のFWヴァーディへのプレゼントパスとなってしまった。ヴァーディはダイレクトでゴールへ蹴り込み、2試合連続ゴールで1点差に詰め寄った。

昨季3敗の王者が早くも喫した今季2敗目

 前半終了間際にペースを掴んだレスターは、後半開始と同時に岡崎を下げて俊足のFWムサを投入。新たな策を講じた。しかし、後半11分にMFワイナルドゥムの落としからMFララーナが右足で強烈なミドルシュートを突き刺してリバプールがリードを再び2点に広げた。レスターはリバプールの連動した攻撃に全く対応できなかった。

 レスターはFWウジョアも投入し、攻撃に人数をかけたが追加点を奪うことはできなかった。反対に同44分にFWフィルミーノにダメ押しゴールを決められて4-1となり万事休す。わずか3敗で奇跡のリーグ初制覇を成し遂げたレスターだが、この日の完敗で早くも今季2敗目を喫した。アンフィールドでのリバプール戦は昨季に続いて苦杯をなめる結果となった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/11(日) 3:35

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。