ここから本文です

KAT-TUN 上田竜也が語った熱い思い “充電期間中”も育まれるグループの絆

リアルサウンド 9/11(日) 7:00配信

 今年5月1日に、東京ドームで開催したコンサート『KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR“10Ks!”』をもって、充電期間に入ったKAT-TUN。亀梨和也、上田竜也、中丸雄一の3名は、必ず戻ってくることをファンに約束し、グループ活動を休止。現在は、それぞれがソロとして活躍を見せている。

 そんな中、9月3日放送の『炎の体育会TV』(TBS系)で上田がKAT-TUNに対する熱い思いを語り、話題を呼んだ。「足りない部分を補うのがグループ」「メンバーは戦友」「バラバラになってやってみると、いろんなことのありがたみがわかる」「仲間の大事さに気づいてほしい。今だから言えることだから」 と、後輩のジャニーズJr.たちに語りかけた。

 これは、同番組内の企画“上田ジャニーズ陸上部”の地獄の合宿での出来事だった。体力、筋力を高めるために砂浜や階段で走りこみの特訓を敢行。上田は監督でありながら、自らも10歳以上年下のJr.たちと一緒に汗を流す。「休むな」「走って集合」など、厳しく激を飛ばす上田監督。だが、この特訓の本質は、ただ肉体をいじめるだけではなく「ライバル同士負けんな」「周りを見ろ」「連帯責任だ」と仲間と一緒に乗り越える心の成長も期待してのことだと感じた。

 さらに、およそ20mもの高さがある滝に場所を移し、精神を鍛える滝行も行なわれた。Jr.たちは約1分間、滝に打たれながら思いを吐き出す。その姿を見て、上田も滝の中へ。「まだいける!」「負けてらんねーんだよ」と自分を追いこみ、“これ以上は危険”と周囲が止めるまで、5分半もの間、滝に打たれ続けたのだ。

 海で溺れたことのある上田は水が苦手。それにも関わらず、限界まで滝行に取り組んだのは、しっかりと乗り越えることによってJr.たちに伝わるものがあるんじゃないかと思ってのこと。さらに「KAT-TUNのメンバーのこともよぎって、これを頑張ることでなんとかなるんじゃないかと」と言葉を選びながら答えた。

 「3人になっちゃってすごく悩んだけど、応援してくれるファンの方を裏切るわけにはいかない。でかいKAT-TUNでいきたいから」上田の男気あふれる行動は、グループとファンを背負っているからこそなのだ。「KAT-TUNのことしか考えてない」今、彼が頑張っているのは、すべてパワーアップしたKAT-TUNとして再稼働する日のため。そんな上田の言葉に、Jr.たちも涙を流した。

 亀梨も中丸も報道番組やバラエティ番組など、それぞれの持ち味を活かして活躍の場を広げている。亀梨のラジオ番組『HANG OUT』(NACK5・9月3日放送)では、「(メンバーに)最近全然会っていない」と語っていたが、心の距離は決して遠くはないようだ。というのも『所さんのニッポンの出番』(TBS系)の公式ツイッターによると、中丸の誕生日(9月4日)の深夜0時ちょうどに亀梨と上田からメールがきたというエピソードが中丸から語られたのだそう。

 KAT-TUNは、つながっている。活動開始を待ち望んでいるファンも、もう少しだけこの遠距離恋愛のような今を見守ろう。彼らがソロで頑張っているのは、でっかいKAT-TUNになって帰ってくるため。メンバーが有言実行をする日を、楽しみに待とうではないか。

佐藤結衣

最終更新:9/11(日) 7:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。