ここから本文です

かくも奇妙で美しい、鳥たちの「飛行模様」

WIRED.jp 9/11(日) 21:20配信

シャビ・ボウは週末のほとんどを鳥の撮影に費やしていた。ボウは鳥の羽や交尾の習性など普通のネイチャーフォトグラファーが愛しているものの価値を認めてはいたが、それに対して特に興味はなかった。それよりもむしろ、鳥たちが飛んでいる間につくりだす催眠的な模様に関心をもっていた。

【1つ600枚以上の写真を使った13点の作品たち、すべての写真を見るならこちら】

ボウは飛んでいる鳥を数百枚の写真に収めたのち、フォトショップでそれらを貼り合わせることで、数秒間の動きを1枚の写真に圧縮している。「Ornitographies」の写真は一度見たら忘れられないくらい美しいものだ。「(この作品は)自然に潜む美を表現しているのです」と彼は語っている。

1980年代にボウは祖父と一緒にバードウォッチングを始めたが、そのとき、祖父はカタルーニャのリョブレガートデルタの湿地帯に彼を連れて行ってくれた。現在、ボウはバルセロナに住んでいて、リェイダの乾燥地やエブロデルタのような自然保護地を訪れることもよくあるという。

2011年にエンポルダ湿地を探索していた際、彼は、もし鳥たちが跡を残しながら飛んだとしたらどのように見えるのだろうか、とふと思った。「わたしは、鳥が飛んでいる数秒間の動きを1枚の写真に収めるための技術を探すことにしました」

当初、ボウは長時間露出で鳥の軌道を捉えようとしたが、画像がぼやけてしまった。そこで彼は、エティエンヌ=ジュール・マレーとエドワード・マイブリッジが19世紀に開発したクロノフォトグラフィーを利用した、連続写真によって撮影した画像を結合させることを思いついた。そして、それはまさに彼が初めに思い描いていた通りに機能したのである。

ボウは1秒間に30枚から60枚の写真を撮影している。最終的には600枚以上の写真が1枚の作品に使用されており、それらはムクドリの羽の黒い切り込み、コウノトリのゆったりした宙返り飛行、アマツバメの熱狂した飛列など驚くべき模様の数々を織り成している。そして、その形は鳥そのものに負けず劣らず多彩で美しいのだ。

LAURA MALONEE

最終更新:9/11(日) 21:20

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。